FC2ブログ

下田けんごっていったい、どんなヤツなのか~プロフィール~

前回は今より、もっと、

「親が政治家でもないのに、市議選に出る謎の男」でしたが、

今回も、

「無謀にも、3人目の君津市長選出馬表明した謎の市議」と言われますので、

プロフィールをご紹介したいと思います。


漢字だと「下田剣吾」と書きます。

昭和56年7月10日生まれの33歳。

君津市の周南(すなみ)地区で生まれました。

君津市立周南小学校、周南中学校と進み、

私立木更津中央高校普通科を卒業。

京都にある立命館大学の
政策科学部政策科学科国際インスティテュート国際公務プログラムで、
日本政治や政策について学びました。

卒業後はNHKにディレクターとして就職。

下田NHK


主な作った番組は

地域の食材を発掘する番組、

産地発!たべもの一直線 ~酒田・赤ねぎ~


小さな旅 「友情の山小屋~山形・朝日連峰~」


ゆうどきネットワーク
 特集「旧満州引き揚げ」
   「シベリア特別給付金」
   「ガザ空爆を見た医師」

他にも
中国残留孤児や防災に関する企画
教育討論番組、バラエティ番組も制作しました。

高校野球中継や、のどじまんなどもあります。

NHKではニュース性や今とりあげる理由が強いものを番組化するので、

なかなか再放送される番組は少ないですが、


すぐに見られるものとしては
各NHKの放送局に行きますと、
「番組公開ライブラリー」というものがあり、
無料で一部の番組を見ることができます。

その中で
「ふるさとを伝える一皿」という
わたくしがつくった
25分間のドキュメンタリー番組が公開されています。

NHK番組公開ライブラリー「ふるさとを伝える一皿」
NHK[ふるさとを伝える一皿]


千葉港にある
NHK千葉放送局でも見ることができますので、
ご興味のある方はご覧ください。


最後の仕事は東日本大震災報道になり、
仙台市若林区の避難所からの中継や、

福島から山形に避難した人と支える地域の人を取り上げた特集を
制作したのが最後になりました。

2011年の3月31日付で退職し、

政治活動を始め、

9月25日の君津市議会議員選挙で初当選しました。



選挙は初めてでしが、

多くの市民の方、友人たちやたくさんのボランティアの方々のおかげで、

当選することができました。

今の自分があるのは皆さんのおかげです。


大学で学んだ、今ある課題を調べ、実際に解決すること。

そして、NHKで赴任した山形で出会った人たちから学んだ、
故郷や地域・家族を大切にすること、
そのために一生懸命頑張っている姿。

この二つの大切な思いを政治の道を進んできました。


若い私が挑んでこれたのは、まわりの皆様のおかげです。


市議会議員としては、

計画に載っていなかった、小糸中学校の木造の古い特別教室について、

まずはその危険性や文科省のデータなどを公開して追及し、

職員の皆様と建て替えを実現しました。

↓今までの教室

DSCF5709.jpg


↓新しくなった教室

DSCF5707.jpg


新しい教室でいま、子どもたちは安全に学んでいます。


他には、台風や大雪の被害聞き取りをして、市役所の後押しをしたり、

また市がこれまで出してこなかった情報公開に取り組みました。



「入札もしない」、「知り合いの会社」と、「少し高い契約」を市役所がする

随意契約(ずいいけいやく)について、

5年以上変わらない1社と契約しているのが、累計98億円であることや、

法律違反すれすれの契約があることも明らかにしました。

また、法外な土地の代金を払っていることも明らかにしました。

そうした情報を公開することで、

少しずつまちを良くしたいと考えていたからです。


その活動の、延長線上に今回の改革はあります。

誰もが当たり前に思う事。

苦労して払ってもらっている税金なのだから、無駄の無いように使うべきだ。

効率的に使うべきだ。

そうやって行政改革して財源を生み出して、

こども、子育て、教育、幸せな老後のために使っていく、投資していく、

それが下田けんごの改革です。

そのためにはリーダーが、

知り合いや、しがらみや、付き合いや、良い人をしていてはだめです。


100もらっている人が90に減らされる、そう聞いたらどうするでしょうか。

いやだ!と怒鳴るかもしれない、反発もされるでしょう。

それが嫌だから、改革しないのでは、損するのは市民です。


その時に、市民の立場に立って、矢面に立って、

「市役所はこれくらい財政が厳しい」とデータを示し、

「本当に苦しいことはわかっている」と相手の立場を理解しながら、

それでも、

「こどもたちのために、
 
 例えば病児保育をしたい、

 企業を誘致をして仕事を増やしたい!
 
 だから、どうしても協力してほしい!」

そうやって、ひとつずつ、改革を進めていくのはリーダーしかできません。


あと何年、今のリーダーと市役所を続けますか。

5年ですか、10年ですか。

その間に、まちは本当に壊れてしまいます。


下田けんごの約束は、市長の給料を半分にすること。


その覚悟をもって、

市民のための公務員でいたい!という志のある、

今の市役所の仕組みでは、

市民の悩みを解決できないんだ、という問題認識のある、


また、これからの時代は、

市役所にお金が余裕があるなんて言う時代は来ないんだ、


だからこそ、

お金のない中でどういう仕事をしていくかが問われているんだ、


そういう時代認識のある職員の皆様がたと

市民のみなさまがたと協力して、

すこしでもよいまちになるように、

その矢面に立って、一生懸命頑張ります。




下田けんご

「政治への思い」見つかった日記より

今日は紹介していただいた人に会うことができた。
「もっと早く来なさい」と怒られたけど、
頑張れと行ってくれたご夫婦、ありがとうございます。
必ず、一生懸命政治活動を続けます。

中央高校の先輩にも会えた。
またお話聞かせてください。

ファイルを整理していたら、
日記が出てきた。
どうも政治のことを考えて書いたらしい。
心にある思いです。

---------------------

政治への思い
            下田 剣吾

ふと見たテレビで、薬害肝炎の原告団から選挙に出た福田えりこさんの演説が流れていた。

「自分は肝炎から救われた命です、
 ですが同じように苦しみ、亡くなっていった仲間がいます。
 だからこの救われた命は、弱い立場の人のために、使いたいのです」。

僕は思った。これはタテマエや選挙目当ての演説ではない。
真実の、本当に彼女が思っている言葉だから、こんなにも心を動かされるのだ、と。

一方で自分はこの社会のために何が出来るのか問われている気がした。
社会人として働く中で、志を見失ってはいなかったか。


 私の両親は教師だ。毎日、夜遅く帰ってきた。
それを待って夕食を食べた。

 ある時、友人の夕食時間を聞いて驚いた。
夜六時には、家族揃って食べているという。

私の両親は貧困や家庭の不和を抱え、
悩む生徒の家を一軒一軒回っていた。

親とひざ詰めで話を聞き、「一緒に、頑張って子供を育てましょう」、そう説得した。

怒り出す親もいた、泣き出す親もいた。

解決できないほどの深い問題もあった。

それでも私の両親は続けた。

給料も増えるわけでない、家族にも迷惑をかける、それでも続けた。


私が高校生の頃か。

休みになると、カラフルな髪の毛をした、

ちょっとやんちゃな若者たちがよく家に遊びに来た。

子供が出来た報告や仕事の愚痴などを話して、
すっきりした顔で帰っていく。

それを両親はニコニコして聞いていた。

その時気づいた。

子供たちの心には何かが伝わっていたんだと。

両親を尊敬する気持ちが芽生えた気がした。


夕食なんて何時に食べてもいい。
そして、私も社会のために、尽くす人間になりたい、
そう強く思った。

 大学卒業後、NHKで番組作りをした。

街を歩き回り、人の話を聞く。

あるいは時代のひずみとなっている課題を取材する。

そういう仕事をできて、充実している部分もある。

 一方で悩みも抱えてきた。

先週も隣町で、八十歳の母と五十歳の息子が橋から飛び降りた。

母は亡くなり、息子は生き残った。

これが自殺者年間三万人の日本の現実だとしても、悲しすぎる。

他にも、内定率が下がり、高校生が就職できない現状もある。

話を聞くと、普通の子が就職できずに、

デリバリーヘルスという風俗業に就職し、男性たちに体を売っているという。

普通に頑張ってきた十八歳の子に仕事一つ与えられないこの国とは一体何なのか。

私は目をそらすことが出来ない。


この国を少しでも良くしたい、そのために働きたい。

  一体、自分に政治の世界で何ができるのか。

浮かんできたのは新たな地方政治家の姿だ。

中央の改革が一段落すれば、

地方分権が進み、財源も課題も、

今は台本通りの議会や改革志向の薄い自治体にも大きな問題としてやってくる。

その時にいかに住民に必要とされるサービスを提供し、

地域の課題を具体的に解決していくかが求められる。


それを具体的に考えていく時、
地方政治家に必要となる力が「現場力」、そして「取材力」なのではないか。
 

まず事務所は地域の「よろず相談所」でありたい。

地域の課題を感じる人が気軽にやってきて、私は話を聞き、整理する。

その後現場に行き、必要な政策はどういうものか周辺取材もして判断する。

もちろん事務所に人や情報が集まりやすいようインターネットを活用したり、

雰囲気作りも大事かもしれない。


何よりも土台となるのが日々の政治活動だ。

家々を回り、顔と顔を突き合わせて話を聞く。

その積み重ねが信頼を生み、私の政治家としての判断基準も明確にして行くと思う。
 


故郷への思いを口にしながら、
私は多くの若者と同じように、故郷を出て、働いてきた。

今、私は無責任に君津の抱える問題はこうだと、
改革の道筋を語ることは出来ない。

しかし、それでも君津への思いは揺らがない。

外の世界を見たからこそ、

街を歩いてきたからこそ、できることもあるはずだ。

私は一人一人に話を聞いたり、罵倒されることを苦にしない。

長い時間をかけて、相手を説得することをいとわない。


まずは街を歩き、人に会って、この君津の課題を探っていくつもりだ。

 また、テレビの世界にいたことで、

常に視聴者を意識する仕事の仕方をしてきた。

政治に無関心な市民の姿に怒る政治家も居るけれども、

少し工夫することで、振り向いてくれることもあるはずだ。

私は新しい時代の政治家として、

例えば映像を使ったら、

インターネットを使ったら、

紙芝居は、こういう言葉に言い換えたらどうか。

そんな工夫は諦める事なく続けてみたい。

そうして、市民のために働く、

本当の意味で地域を良くしていく政治家になりたい。


【過去の日記より】
-----------------------------

過去に書いたことです。
しかし、ずっと考えてきたことでもあります。

昨日少し愚痴ったことがまさに反対のこととして書いてあるのは
恥ずかしい限りです。

また、「罵倒されるのを苦にしない」と書いてありますが、
落ち込むこともあるのを毎日学んでいます。

そして、やはり評論家のような書き方であり、
上から目線なのが、自分としてもわかります。


政治活動を始め、本当の生々しい苦しさを知りました。

しかし、その何倍も人の温かさを知りました。

その日出会った人の握手の温かさ。

心を動かされ、ふと流れる涙。

どんなものよりも貴重だと思える友情、忘れていた友情。


まだまだみなさんの話を聞きたいです。



下田けんご後援会会員募集中です。

名前住所電話番号をメールで送っていただければ、すぐに入会できます。

会費は無料。個人情報は厳重に管理します。

山形の話&父母の話

今日はある地区をまわっていると電話が、
「あの、私も山形出身なんですけど・・・」
と、電話をいただきました。

チラシのプロフィールに「山形出身の妻」と書いてあるのに
興味を持っていただいたようでした。
ありがとうございます。

私はNHK時代、研修を終えて赴任したのが、
山形市にある山形放送局でした。

私は山形の駅西口に住んでいたのですが、
その方は県庁の近くに住んでいたそうです。

そこにはおそば屋もあり、定食屋さんもあって、
よく行きました。

もしよければ後援会にと誘いましたが、
電話を切ったあと思ったのは、
河原でする「芋煮(いもに)」のこととか、
共通の知り合いがいたのでは、とかそんなことでした。
さまざまな苦労や優しさを受けて育った場所ですから、
特別な場所です。


その山形は、過疎化に苦しんでいます。
食べ物もおいしいし、人も優しいのに。

今、君津市をまわっていて、やはり多くの空き家や、耕す人のいないたんぼに出会います。
人口がどんどん増えている木更津に比べてもそうですが、
若い人が少しずつ外に出ていきます。
子供の数も昔と比べてかなり少なくなりました。


山形ではより深刻で、
例えば、あまりに消防団の人数が足らないため、70代のOBが参加していたり、
限界集落を超え、なくなってしまう集落もあります。

だからこそ、危機感はいっぱいで、
観光にしても、ブランドづくりにしても、産直の経営にしても、
どんどん工夫をしていました。
成功しなければ、町が、村が存在できない。
そんな危機感で職員も、町の人も協力していました。


僕が今こそ、良くしていかないとと危機感を持っているのは、
もう君津はだめだということではありません。

君津は素晴らしい、でもだからこそ、
今のうちに改革して、子や孫のたちの未来に、
夢を持って生きられる街を作らなければ、そういう思いです。


市役所がどんな政策やイベントを行うにしても、
こうしたらうまくいくんじゃないか、
こうしたらどうか、やってみたことないけど、チャレンジしよう、
そんな思いで、緊張感で、ワクワクしながらやっていけば、
必ず、結果はでると僕は信じています。

そのために市役所も、市民も、議員も一緒になって、
まちづくりに取り組みたいそういう思いです。

だから政治も選挙もどうでもいい、ではなくて、
ぜひ一緒に話したり考えたりしたいです。
後援会員はいつでも会費なし、募集しています。


さてプロフィールに、もう一つ書いてあるのが

「両親は元中学教師
 小糸・周南・清和・周西・八重原で 
 地元の人に大変お世話になりました」

の言葉です。
この文章を入れたのは、もちろん僕だけではなく
両親を知っている人にも後援会に入会してほしいという思いもありますが、
なぜ、政治活動をするのかという原点でもあるため、
恥ずかしながら文章に入れました。

父は下田正行(まさゆき)、元体育教師で小糸、周南、清和、八重原中で働いていました。

母は下田有美(ゆみ)、元英語教師で、周西、八重原中で働いていました。

二人ともタイプの違う人ですが、
共通するのは帰りが遅かったことです。

何をしているのかといえば、家庭訪問。
1年に1回のやつではなくて、悩む生徒の家を訪ねては、話をしていました。

最初は、僕は夕飯の時間が20時以降になることが多く、
不満でした。
「なんで、給料が高くなるわけでもないのに、そんな時間まで」
そんな風に考えていました。

二人は本人や親に「一緒に頑張りましょう」と言い続けていました。

少しずつ、違った思いが自分の中に湧いてきました。

卒業後、嬉しそうに家に結婚の報告に来る人、出産の報告に来る人。
悩みを相談に来る人。

さまざまな人がいましたが、みんなとても嬉しそうだし、懐かしそうでした。

こういう人たちのために両親は頑張れていたのか、
そんな風に考えられるようになっていました。

社会にはさまざまなつらいことやかなしいことがある。
そういう中で、なんとか社会が少しでも良くなるように仕事をしたい、
そう思ってきました。

教師にはならなかったけど、NHKで番組を作る時にも、
自分の心の真ん中にその思いはありました。

この事実を伝えることで、社会が少しでも良くなってほしい。
もちろんその限界や少しの偽善性はあるとおもいます。

でも人の役に立ちたい、その思いが変わらなかったのは、
両親の姿を見てきたからだと思っています。

「政治家には何もできない」

「政治家には何も期待しない」

テレビで見る中央の政治や
これまでの地元の政治家を見てうんざりすることもまた当然かもしれません。

だけど、僕は政治活動を通して、
この街のために尽くしていく、そう思っています。

後援会に入ってくださる方、連絡ください。
よろしくお願いします。

下田けんごはこんな人

自分について書きたいと思います。

漢字だと「下田剣吾」と書きます。

昭和56年7月10日生まれの29歳。
君津市の周南(すなみ)地区で生まれました。

君津市立周南小学校、周南中学校と進み、
私立木更津中央高校普通科を卒業。

京都にある立命館大学の
政策科学部政策科学科国際インスティテュートで、
日本政治や政策について学びました。

卒業後はNHKにディレクターとして就職。

主な作った番組は

産地発!たべもの一直線 ~酒田・赤ねぎ~

小さな旅 「友情の山小屋~山形・朝日連峰~」

ゆうどきネットワーク
 特集「旧満州引き揚げ」
   「シベリア特別給付金」
   「ガザ空爆を見た医師」

他にも
中国残留孤児や防災に関する企画
教育討論番組、バラエティ番組も制作しました。

NHKではニュース性や今とりあげる理由が強いものを番組化するので、

なかなか再放送される番組は少ないですが、


すぐに見られるものとしては
各NHKの放送局に行きますと、
「番組公開ライブラリー」というものがあり、
無料で一部の番組を見ることができます。

その中で
「ふるさとを伝える一皿」という
25分間のドキュメンタリー番組が公開されています。
NHK番組公開ライブラリー「ふるさとを伝える一皿」

千葉港にある
NHK千葉放送局でも見ることができますので、
ご興味のある方はご覧ください。


最後の仕事は東日本大震災報道になり、
若林区の避難所からの中継や、
福島から山形に避難した人と支える地域の人を取り上げた特集を
制作したのが最後になりました。

今年、2011年の3月31日付で退職し、
千葉県君津市の実家で暮らしています。

大学で学んだ、今ある課題を調べ、実際に解決すること。

そして、NHKで赴任した山形で出会った人たちから学んだ、
故郷や地域・家族を大切にすること、
そのために一生懸命頑張っている姿。

この二つの大切な思いを胸に、故郷での政治の道を志しました。


経験も、考えも浅い、自分です。
学校でも会社でも周囲の人に迷惑ばかりかけてきました。

だからこそ、

●誠実に人の話を聞くこと

●謙虚に教わること

●きちんと調べること。

そんな思いを忘れないようにして、活動を続けます。
プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!

昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

歴史秘話ヒストリア
有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
あさイチ
私も一言・夕方ニュース
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR