FC2ブログ

【拡散希望・きみつ中央公園破壊】12月1日昼、市役所の職員が落書きを消しました☆個人質問おわりました!

先日ブログで伝えたカラオケトップの近くの、

君津中央公園の破壊についてです。


DSCF5317.jpg

DSCF5315.jpg



犯人はいまだつかまっていません。

しかし、

親子連れが楽しみに集まる場所だということで、

12月1日に市役所の職員が一生懸命手作業で消しました。

その映像を撮影しました↓




職員のみなさんは、この時間の前には、



住民の皆さんの避難訓練を手伝っていました。


いざというときに、命が守れるように。

そのあとの体で、公園へきて、

数時間作業しました。

DSCF5393.jpg


DSCF5390.jpg



DSCF5381.jpg


DSCF5395.jpg


DSCF5379.jpg




一方の犯人は、

こどもを連れたおやごさんが座るベンチをもやし、

トイレの雨どいを破壊し、

住民の命を守る防災倉庫を破壊しました。

食料や水が、はいっているものです。


犯人はいまどんな気持ちでしょうか。


市民の皆さん、

今後も犯人はだれなのか、情報を聞いていてほしいと思います。

そしてその情報を警察に伝えてください。


自分たちの大切なまちを守るために。




さて、

11月29日(金)午後2時30分~ 

下田けんごの個人質問でした!

gikaishashin.jpg


すべては2か月の公式の議事録の公開を待たないといけません☆

君津市議会は録音も録画もインターネット公開もしていませんが、
(したいのですが、反対する人もいるので)

手元にある自分の原稿のみ、

先に公開しますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(下田けんご原稿)

ただいま、安藤けいじ議長より許可を頂きましたので、

通告に従い、質問いたします。


通告順序6番、議席番号2番、下田けんごです。

質問は、大きなテーマである大綱が6点、

その中の項目である細目が7点です。
 

台風二十六号で、君津市は大きな被害を受けました。


あふれた小糸川の水に、

小糸のいちごや

カラーのハウスがほとんど沈んでいた様子を

忘れることができません。

裏山が崩れ、家の中に


大量の泥が流れ込んだ方もいました、


被害にあわれた皆さんに心からお見舞い申し上げます。



その中で、武次副市長の早め早めの決断で、


避難指示や勧告などをだせたこと、


またその影に、危機管理課によって、


避難所の担当が事前に若手に割り振られ、


彼らが積極的に行動したことがありました。


率直に評価いたします。


また、今回避難指示の出た小糸地区では


去年、総合防災訓練をしていたことも良かったと思います。



大雨の中、地元の民生委員や消防団の方が、

お年寄りを助けていらっしゃいました。

心から、感謝申し上げます。



冒頭のいちご園では、

一部残った苗を使って、

クリスマスに向けてイチゴの収穫が


最盛期を迎えようとしています。


君津特産のイチゴが


復活の象徴として


全国で好評を得ること、


また、

小糸川の河川改修などが、


これを機に、


少しでも早く進むことを心から願います。


今回もわたくしは、


未来に責任を持つ立場から、


質問しますので、


執行部の明確な答弁をお願いします。




まず消防団についてお聞きします。


市民の命を守るために活動している消防団ですが、


本市では新しく入る人が急激に減っています。


団員の減少に少しでも歯止めをかけるために、



今、何が起こっているのかお聞きします。


消防本部では先日、


消防団員にアンケートを実施しました。


その中で、一同が驚いたという、


昼間、ひとりも

火災出動できる団員がいない消防団があったことについて

教えて下さい。


もうひとつは、

所属期間が長くなっていることによる


団員の方々の負担感を知るために、


その平均と、特に長い所を教えて下さい。



次に、それぞれの消防団には


新たなメンバーを勧誘しよう、


それを頑張ろうという目標がありますが、


実際、どのような課題があるのか、


見てみたいと思います。



地区に住む十八歳から四十歳の住民の数と、


消防団へ入っている人の数を比べれば、


その募集の負担感が見えてくるのではと思います。


君津地区、

小糸地区、

清和地区、

上総地区、

小櫃地区の数字を教えて下さい。


そうした中で、私は、


新しい入団者を増やしていくには、


家族の理解を得るのが重要なポイントだと考えます。


アンケートでも消防団に入ることを


親や配偶者が反対しているという回答が多くありました。



これは新しい現象です。


これまで消防本部が検討した案の中にある、


消防団の報酬のアップや


協力する企業を応援する制度などは、


もちろん大切な制度でありますが、



この家族の反対という点においては、


効果がないと思われます。



提案します、


例えば、消防団に入っている世帯に対して、


保育料をすこしでも割り引いてあげることはできないでしょうか。



現在、本市では子どもの多い世帯に対して、


保育園の保育料を二人目から半額、


第3子から無料としています。


これは子育て支援の考え方からです。


現状、消防団員は仕事が休みの日に、


消防団活動をすることが多く、


言い換えれば、


家族の協力で


育児ができているということができます。



またその消防団活動が、

地域を支えています。


家族へ


市が消防団を応援している

とメッセージを出すためにも


その負担額によっては検討すべきだと思いますが、


見解をお聞きします。




次に教育についてお聞きします。


その中で学校現場の予算についてお聞きします。


耐震化のために配置される数が削減された、


生活体験指導員は


教室の中で支援が必要な子供たちにとって、


大切な存在です。


学校図書館司書補助員も同じです。



学校の希望通り、


人数を増やしていただきたいと思いますが、


見解をお聞きします。
 


次に外国出身の児童生徒への支援策についてお聞きします。


最近、親の仕事や再婚に伴い、


日本に来る子どもが増えています。


日本で生まれたこどもと違い、


日本語が話せないため、



学校に入ったとしても、


先生の言葉がわからない、


テストをするにも問題文が読めないなど、


大きな困難があります。




こうした子どものために


日本語を教えていた教室を教育委員会はなんと、

廃止しました。


とんでもないことです。



文部科学省も、


日本に来た初期段階に孤立すると


学校生活はもちろん、


その後の日本での社会生活にも


大きな問題が起きるとして、


市町村に適切な支援を求めています。


教室の復活も含めた、


それぞれの子どもの


日本語教育を確保する方策が必要だと思うが、


見解をお聞きします。



次に草やゴミが放置された

空き家についてお聞きします。


先日、市原市で噛まれれば死に至る

セアカゴケクモが発見されるなど


空き地、空き家対策は急務です。



私は市民から寄せられた7件の空き地空き家について


期限を区切っての解決を求めましたが、


改善できたところについて教えて下さい。



また解決できない事例について具体的に、


条例を、


対応改善をどうするのか、


市民環境部長の考えをお聞きします。




次に交通弱者についてお聞きします。


高齢のため、運転ができなくなったり、


またバス路線がないことによって、


病院への通院や買い物に困る市民が増え続けています。


我々議員にも多くの悩みの声が寄せられています。


安い公共の乗合タクシーであるデマンドタクシー制度は


上総、小櫃地区でのみ運用されていますが、


他の地区にも困っている市民は多くいます。



行政サービスの公平性という観点からどうなのか、


課題を教えて下さい。



次に市役所についてお聞きします。


時代やニーズの変化は早く、


それに対応するために、


民間企業では女性や若手の活用を積極的にすすめています。


本市の方針と取り組みを教えて下さい。



関連して、

いわゆる「お茶出し」が


市役所ではいまだに女性がやるものとして、


勤務時間におこなわれています。



数十年ほど前は民間でもあったのかもしれませんが、


多くはもう止めています。



来客などに対してはもちろん業務でしょうが、


職員のためのお茶出しを、


勤務時間に、


必ず職場の女性がやるなどというのは時代錯誤も甚だしい。


議論のためにお聞きしますが、


例えば現状行われている、

お茶を入れ、配り、回収して、食器を洗い、拭く行為。


また、それに加えて、


茶や茶菓子の買い出しなど付属する時間を、


例えば、一日平均二十分と仮定して、


その行為がどれくらいの人件費に相当するのか、


またこうした現状はこのままで良いのか見解をお聞きします。



最後は、最新の情勢をふまえた防災対策についてお聞きします。


今回は台風で被災した市民が多かったことから、


被災した後について質問します。


今回私も、被災した方から相談を受け、


調べたところ、


被災した後には、


市役所が、り災証明を発行する事、


またその証明によって、


税の減免や控除を受けられることを知りました。



さらには、


農地については、

さまざま要件がありますが、


被害額四十万円以上で、


公共災害として申請できることもわかりました。



反対に、


個人の家屋などに対して、


市役所はほとんど何もできないこともしりました。


自然災害に対する保険や共済に加入しておく、

重要性も

私は感じました。



こうしたことは、


災害の前に、


市民の方が知るべき情報ではないでしょうか。



ゲリラ豪雨や


大地震などで


市民が被災する可能性も高まっている今、


こうした情報を


積極的に広報すべきだと思いますが


見解をお聞きします。



関連して、


台風二十六号の当日、


防災無線フリーダイアルが

不通だったという声が


市民から寄せられています。



その原因と


今後の対応について教えて下さい。


関連して、


地域に住む若手職員による


新しい避難所運営は機能していたと思います。



しかし、避難所の状況を


市役所が把握するための連絡体制が十分でありません。


さらに、


大規模災害や地震など長期化した場合、


徹夜を繰り返す必要がないように、


職員交代のための仕組みなど、


事前の準備をすべきだと思いますが、


見解をお聞きします。



これで一次質問を終わります。


2次質問は質問席から行いますので、


よろしくお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで




このあと市役所から回答があって、

その後、一問一答でやり取りがありました。


消防団については、この他に、

火災出動以外のイベントや手伝いが多いという点や

そうしたことを消防本部で基準を作ることで減らして、

団員の負担を減らすことなどを提案しました。



その他、空き家の草や山間部の交通の足がないことについては、

できる限りの対策と

解決のための熱意を持つように議論したつもりです。

予定では2月1日に公式の議会だよりが発行されます。

そこで紹介され、公式ホームページで議事録が公開されます。


自分の議会報告は1月下旬を目指して準備します。


☆なお、やりとりが白熱した部分があり、

議事録からの削除される部分があります。

議員3年目なのにお恥ずかしい。



最後までよんでいただき

ありがとうございました!






下田けんご
プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!

昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

歴史秘話ヒストリア
有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
あさイチ
私も一言・夕方ニュース
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR