FC2ブログ

質問は30日(金)!&9月質問解説遺体安置所と木造教室

30日の個人質問もせまってきました。
市役所で予約不要で見られます。
お気軽にお越しくださいね。2時半~です♪

明日は消防委員会もあります。

さて、9月議会の全文質問公開、
長すぎる、という突っ込みもありましたので、
ちょっとずつ解説を。


まずは防災
やりとりをくっつけて見やすいようにします。
ただ字句は公開されたそのままです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
下田けんご)
まずは、最新の情勢を踏まえた防災対策について聞きます。
 先月、山形県南部の南陽市では、地元警察署と市役所が協定を結びました。
内容は大規模な災害が発生したときの遺体安置所についての取り決めです。

大槌町役場前で
(岩手県大槌町役場前)

まずは私の考え方として、東日本大震災が想定外の事態で大きな被害を生んだ以上、
私たちはできるだけの対策を具体的に重ねることで、
来るべき災害のときに一人でも多くの命を救わなければならないと思います。

ですので、市民のご遺体についてお聞きします。

もし大規模災害が起きた場合、市役所は遺体安置所を設置し、
警察が検死などを行うことになります。

この遺体安置所は決まっていますか。

また、市内の施設を考えると、
避難所に指定する施設とほとんど重なってしまうのではないですか。

こうした混乱に備えて君津警察署との具体的な話し合いが必要ではないですか。



◎総務部長 
大綱1、防災対策について、細目1、最新の情勢を踏まえた具体的な防災対策についてお答えいたします。
 
君津市地域防災計画では、市域に係る防災に関し、君津市、千葉県、
君津警察署、日本赤十字社千葉県支部など、
防災関係機関の処理すべき事務または業務を定め、
互いに連携して被災者の救援救護など防災活動が行えるよう定めております。
 

大規模災害による行方不明者の捜索活動において発見された遺体は、
警察署での検死、医師の検案後に市内の寺院、公共施設など遺体収容に適当な場所を選定し、
遺体収容所を開設して安置することとしておりますが、

現在、遺体収容所として開設する公共施設は定めておりません。

そのため、今後、地域防災計画の見直しとあわせ検討してまいります。
 


下田けんご)
 次に、南陽市の協定で決めたのが、警察署の建物が被災した場合の市の協力についてです。

警察が建物が壊れたことで業務を行えなければ大きな混乱が予想されます。

役割上は警察の責任を持つのは千葉県ですが、市内にはかわりとなる県の施設が見当たりません。

これについても決めておくべきではありませんか。お聞きします。
 


◎総務部長 
 また、大規模災害により君津警察署の建物が被災、倒壊し、使用不能となった場合には、
君津市民文化ホールの一室を使用できる旨の協定を6月12日に締結しております。



下田けんご) 
 次に、私がおそれるのは記憶の風化です。震災から間もなく1年半を迎えます。
先日、市民の方から、被災地でボランティアをしたいのだが、どうしたらよいかという相談を受けました。

県内では千葉市や社会福祉協議会が主催し、被災地へのボランティアを企画しています。

震災後さまざまな形の支援がインターネット上を含めて続けられています。

その中では、自分から申し込めばボランティアできるものもあります。

ただ、私としては、君津市がかかわる形で市民を募れば、
行ってボランティアをしてみようかと思っていただける市民は少なからずいると思うんです。

私も震災の緊急報道で、
そして藤井修委員長を筆頭に防災対策の特別委員会の一員として被災地を訪れたことは、
防災への思いの原点です。

やはり実際に見て、ボランティアをすることで得られる思いはあると思います。

そこでボランティアをした方々は、
地域の防災活動や市の防災対策に必ずや積極的に協力していただけると思います。

被災地のボランティアの数が減り続ける今、
千葉市と同様のそうした企画は実現できないでしょうか。お聞きします。


◎総務部長

 市民への防災研修については、自治会、自主防災組織などに対して、
防災講演会、防災訓練などを通じて地域防災力の向上に努めております。
 
防災研修の1つとして、市民みずからが被災地に出向き、
ボランティアとして体験することは、

今後の防災対策にも生かせるものと考えておりますので、

ボランティアツアーなどについて社会福祉協議会と協議していきたいと考えております。
 以上でございます。



★再質問(※時間の限り関連することを聞く事ができます)

下田けんご)
まず、総務の防災に関してなんですが、
前向きに遺体安置所をきちんと決めておこうという答弁をいただきましたが、

例えば私や藤井防災委員長が行ったところでは、名取市では、
民間のボーリング場を借り上げて、
そこに遺体を並べざるを得なかったという状況がありましたが、

それに加えて職員の方がご遺体の扱いになれていないので、
葬儀組合の方々に手伝っていただいたというのもありますが、

君津市でも葬儀屋さんたちとの連携、協力が必要なのではないでしょうか。


◎総務部長
 近隣の状況を調べましたところ、
県内でも何市か葬儀屋さん等々と協定を結んでいるところがございます。

例えば市原市は千葉中央葬祭業協同組合と協定を結んでおりまして、
その内容につきましては、遺体の収容、搬送、安置等に要する役務の提供、
それから遺体の収容、搬送、安置等に要する物資の提供または設備の貸与といった協定を結んでおりますので、

こういったことが本市でもできるのではないかということで、
これについては調査、研究、検討してまいりたいと思っております。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで


防災に関しては、市民の命を守るためになんでもやるという立場で取り組んでいます。
具体的に、やれることから。そういう感じです。

続いて教育について。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下田けんご)
 次に、教育について聞きます。
 3月議会で、PTA会費で学校備品を買っているという現状についてお聞きしました。

その中でさらに、学校の施設が壊れたときの修繕なども
PTAが負担しているというお話がありました。

調査をお願いしていましたので、その結果をお聞かせください。


◎教育長
 2番、下田剣吾議員によります大綱2点目、教育について、
細目1、学校関係予算とPTAについて、私からお答えいたします。

 各学校PTAに対して、
平成23年度においてPTA予算から支出された学校施設の修繕について調査した結果、

8校で実施され、その経費は20万4,404円でした。

これらの修繕は、環境整備などの目的のため、

それぞれのPTA活動の一環として自主的に実施されたものであり、

日ごろのPTA活動、学校への支援に対して、心から感謝を申し上げたいと思っております。
 
各学校では、PTAとの確かな信頼関係のもとで、
よりよい教育環境の整備に努めているところでありますが、

学校施設の修繕に要する経費については、実態を精査した上で適切に今後対応してまいります。



下田けんご) 
 次に、12月議会で質問しました小糸中学校、松丘中学校の特別教室について聞きます。

↓小糸中の特別教室
koitochu.jpg

↓松丘中の特別教室
matsuokachu.jpg
 
あれから有志議員で実際に見てまいりました。
はがれ落ちた壁など見た目もそうですが、

これだけ大地震の可能性が指摘されている中で、
これ以上放置しておくのは安全上危険だと私は思います。

早急にという答弁は既にいただいております。

具体的に改善をどうするのか聞きます。



◎教育長
次に、細目2、古い木造教室をどう安全にするのかについてお答えいたします。
 
小糸中学校の特別教室棟は、昭和39年に建設した木造校舎です。

現在は、技術室、調理室及び2つの理科室と理科準備室として利用しております。

この校舎は、築48年が経過しておりますが、

機能を移す余裕教室がないことから、

早急に耐力度調査を実施し、改築に向けて努力してまいります。
 

松丘中学校の特別教室棟は、昭和38年に建設した木造校舎で、

築49年が経過しておりますが、

現在も技術室、被服室及び準備室として利用しています。

もう1つの木造校舎である普通教室棟は、昭和36年に建設されております。

この校舎は、普通教室として使用しておりましたが、
そのすべてが余裕教室となったことから、現在はクラブ活動の場として利用しています。

このような利用状況から、
松丘中学校については、「第二次きみつ教育 創・奏5か年プラン」において、

隣接する松丘小学校と併設型の小中一貫教育導入を視野に入れ、

適正な規模と必要な施設整備を検討してまいります。
 
また、生徒の安全確保につきましては、関係機関と協議の上、

特別教室の機能を余裕教室へ移すことや

応急的な補強方法などを検討し、可能な対策を講じてまいります。



★再質問

下田けんご)
次に、本年8月2日に文部科学省が公立学校施設耐震改修状況調査というのを報道発表しました。

これは何かというと、
去年、耐震診断さえしていない学校施設がある自治体が、
1,700の自治体で278自治体ありますということで、

何と名誉にも君津市の名前が載りました。

そして、ことしは幾つあるかというと178自治体であります。

1,700のうちの178自治体に君津市はきちんと選ばれました。

この内容を見ると、
昭和56年以前の学校施設が58あって、
診断を実施したのは48、

実施していないのが10あって、82.8%ということで、

千葉県ではこの耐震診断率というのは54番であります。


千葉県には確か54市町村あったと思うので、
これもまた驚くべき数字だと思います。

耐震化率に関しては69.8%ということで、

全国1,700の自治体の中で1,471位、

千葉県内では44位であります。
 
私は、実は教育委員会がこの問題に一生懸命取り組んでいるというのは知っております。

そういう中でなかなか予算がついていかない。

それは財源不足の問題はあるでしょう。


ですが、子供たちを守れないというのは行政としてどうなのかと私は思います。

なぜなら、答弁にあったように、今も教室を使っております。

授業中に大地震に襲われたらどうなるのか。

そういうことを心配しますが、次の方針というのか、

まちづくり計画を含めて、

必ず直していくんだという覚悟を教育部長からお聞きできればと思います。

覚悟のみで結構です。



◎教育部長 耐震診断につきましては、今までいろいろ実施してきておりますので、

今後も引き続きまして実施していきたいと考えます。
 以上です。



下田けんご) 

診断だけじゃなくて、建てかえをきちんと安全化していくんだというところの覚悟です。



◎教育部長 改修できるところは改修し、また、診断の中で
建てかえしなきゃいけないというのがあれば、それは考えていかなくてはいけないと思います。



下田けんご) 

私は疑問に思うことがあります。例えば松丘中学校の特別教室は昭和38年、

小糸中学校も昭和39年に建築したと。

私の記憶が確かならば、建設部のほうで、

昭和56年以前の木造の市民の家に関して耐震診断5万円、

それをリフォームする場合には40万円の補助を出しています。その理由は何ですか。


◎建設部長 
自席からお答えいたします。

 昭和56年5月31日以前に建築または着工した木造、いわゆる在来工法で建てられた住宅について、

今おっしゃったような補助を行っているところでございます。

これは当然市民の皆さんが安全に暮らしていける住宅を確保するという目的でやっているものでございます。
 以上でございます。


下田けんご) 

私は、家と学校施設が全く一緒だとは思いませんが、

少なくとも昭和30年代につくられた木造教室が安全であるということは、だれも言えないでしょう。

そういう中で、その診断を先送りして予算計上してこなかったことというのは

非難されるべきことだと思って私は主張しております。


皆さんのお孫さんや子供たちがその教室で学んでいるときに大地震が来てつぶれてしまったら、

どんな思いを持ちますか。

そういう気持ちで、しっかりとした計画を立てて、

そしてそこに盛り込んでいくんだという強い意思を持っていただきたい。それを願います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで


みなさんはどう読まれましたか。

自分としては、いやみを言っているところなど、
読み返すと恥ずかしくてなりません。

行政マンは行政マンとしての手順やルールを守りつつ、

僕は議員として市民のみなさんの付託や将来への責任を考えながら、
言葉と交渉を通じて、改革を目指しています。

こうして9月議会を振り返る間もなく、
木曜日には12月議会が開幕します。

頑張ります。

下田けんご
プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!





昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR