FC2ブログ

昼は小糸地区のラーメンもみやま&12月質問解説はメイン☆「空き家や空き地の管理について」

おとといくらいから、
目がかゆくてしょうがないです。

花粉症かな~。

昼は小糸地区のラーメンもみやま。

DSCF3365.jpg

魚粉の入ったらーめん。

DSCF3366.jpg


本場宇都宮の餃子。

おいしかったです♪


さて、12月質問解説のメインは

空き家と空き地についてです。


みなさんも草が全く刈り取られていなくて、

ゴミがたまっていたり、

誰のものわからない土地を見たことがあるのでは。


日本は世界でも有数の私有財産権の強い国です。

というわけで、だれかが勝手に入ったり、

草を買ったり、というわけにはいきません。


市役所に苦情が来ることもあるのですが、

大半は隣の人や自治会の人が悩んでいます。


全国の市町村は、様々研究をして、
独自の条例を定めています。

その必要があるのか、

そもそも現状はどうなっているのか、

初めての質問をしました。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

下田けんご)


それでは、質問に入ります。


 まずは、空き家、空き地などについての問題です。


 今、市内各地できちんと管理されない空き家が急増しています。


廃屋のような状態にある家、

草が全く刈り取られず、

ごみで覆われている家さえあります。


今後の社会情勢を考えると、

こうした空き家はさらにふえると予想できます。


そのために対策を考えなければなりません。


こうした状況を受け、


今全国の多くの自治体は条例などで対策をとり始めました。


これまで、

こうした家に関することは個人の財産権にかかわるため、


自治体はかかわることが難しいとされていました。


しかし、空き家が増加し、


法律家の議論が進んだ結果、


自治体がその管理について


ある程度責任を持つべきだという考え方が主流になっています。
 


第1が、防災の観点です。


例えば、地震が発生し、


管理されていない空き家が倒壊した場合、


道がふさがれ、消防の到着がおくれたり、


救助できないことが想定されます。


現在本市では、


例えば市道にはみ出している部分を

撤去することしかできません。


しかし、


そうした可能性が高い場合、

事前に自治体の対策が必要であるというのが現在の考え方です。
 


第2は、防犯の視点です。


管理する人がいない家には


侵入者の可能性が大きくなります。


例えば、


そこで放火が行われれば


周辺住宅に燃え移り、大きな被害になります。
 


第3には、環境の悪化です。



例えば、草が伸びている点一つとっても、


以前は美観を損なうという理由だけでした。


しかし今全国で、


かまれれば死に至るセアカゴケグモの生息が広がっています。


繁殖した場合の市民の被害も考えられます。
 


すべては問題が起きてからという視点だけでは


解決できないために、


また、


その被害を事前に防止したほうが


メリットが高い場合があることがわかってきたため、


全国で空き家などの管理を定めた条例がつくられているのです。
 

その視点から本市の状況を見てみましょう。
 

君津市は、平成9年に全国的な流れを受け、


まちをきれいにする条例が定められました。


ポイ捨ての禁止などが書かれていますが、


その中で、

空き地の管理についても書いています。


しかし、その理由は先ほど言ったように、


まちの美観を損ねないように


と書いてあるだけなんです。


防災や防犯の視点が全くないのです。


現在、問題は起きていないのでしょうか。
 

まずお聞きします。
 

現在、市民や自治会から草が刈られていない、


つまり管理されてない空き地などに関する苦情は


どれくらい届いていますか。


また、


そうした苦情に対して

今どのように対処していますか。


さらには、

対処した結果、


どのくらい改善したのか、


その解決率を教えてください。
 


最後に、


現状を考えると、


本市でも条例に景観だけでなく


防災、防犯の観点を加えること。


また、


全く書かれていない空き家についての対応も


検討した体制が必要ではないですか。


見解を聞きます。





○議長(小林喜久男君) 市民環境部長。




◎市民環境部長


自席からご答弁させていただきます。
 

大綱1、環境行政について、


細目1、草やごみが放置された空き家などの課題について、

細目2、空き家などの管理に関する条例の必要性について、


関連がございますので一括してお答えいたします。
 


本市では、


市街化区域内の空き地について


毎年一斉調査を実施しており、


雑草が繁茂している空き地の所有者に対し


適正管理を指導しております。



平成23年度雑草調査では約700件を調査し、


205件に指導通知を発送しました。
 


市街化区域内の雑草の苦情につきましては、


市民から122件、


自治会から8件寄せられており、


市街化区域外の雑草についての苦情も


市民から22件、自治会から2件寄せられており、


苦情件数は増加傾向にあります。


寄せられた苦情に対しては、


現地及び所有者の調査を行い、


個別に指導を行っております。


解決率につきましては、


指導実施後、大半は再度の苦情がなく、


おおむね解決したと認識しております。
 



アパートの空き室等を含む

空き家の数につきましては、


統計調査により把握しておりますが、


防犯・防災上危険な空き家に限定しての調査は実施しておりません。
 


空き家や空き地などの管理に関する条例につきましては、


今後調査、研究してまいります。


なお、


君津市まちをきれいにする条例で


所有者による空き地の適正管理についての定めがありますので、


引き続きこの条例により指導してまいります。



空き家につきましては、


防災・防犯上の観点からも粘り強く適正管理を指導してまいります。
 

以上でございます。



【回答を受けてふたたび質問】

下田けんご)

それでは、空き家条例のことについて移ります。
 


答弁で、草に対する苦情、


草が生えて困るという

苦情に対する解決率をお聞きしたところ、


205件の指導はがきを出して、


この後がちょっと変だなと思ったんですが、


大半は苦情が再び来ていないので解決した。


こういう論理は、例えば道路であったり、


さまざま、ほかの行政あると思うんですが、


苦情が来て対応して、


普通はその後、見に行って、


大丈夫だよということで解決したということですよね。


その後苦情が来てないから解決したと、


こういう論理は議会で答弁すべきでないと私は思います。
 


私は、まず最初に議論の前提としておきたいのは、


条例だけを求めているわけではありません。


実際に自治会の皆さんは現状困っているわけですから、


どうしたらいいか、


その状況や理由に合わせた解決策を考えなくてはいけないと思っています。


そのためには、全体状況を確認する必要があるでしょう。
 


質問です。

市内には空き家がどれくらいあるのか。


1点目は、


国の住宅土地・統計調査というものがあります。


それの数字。


そして、もう1つの方法は、


上水道、いわゆる水道がありますが、


それが10年以上閉栓しているという基準が一つ


空き家を浮かび上がらせるそうです。


その2つの数字について伺います。



○議長(小林喜久男君) 市民環境部長。




◎市民環境部長 お答えいたします。
 


まず、市内の空き家状況、


空き家の数について


住宅土地・統計調査、


こちらのほうからお答えしたいと思いますが、


ここでは7,000戸となっております。


しかしながら、


この数字につきましてはアパートの空き室、


あるいは貸し家で借り手のない建物、


こういったものも含むことから、


議員ご質問の空き家の数という考え方の中で


一致しないのかもしれません。


そのように感じております。
 

それと、


上水道の状況でございますけれども、


平成24年11月20日現在の水道メーターの閉栓状況は、


社宅、

貸し家、

こういったものを含めまして5,620件でございます。


このうち10年以上閉栓しているものは1,200件ございます。
 

以上でございます。



○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。



◆2番(下田剣吾君) 

住宅土地・統計調査では7,000戸、


そして10年以上閉栓しているのが1,200戸と答弁がありました。


他の自治体で空き地の状況を調べるのにもう1つ使われるのが消防本部の数字です。


消防は、火災予防に関して義務を負っておるので、


火災になりそうなもの、廃屋だとかそういう数を把握している消防本部があります。



例えば、防災上の問題が指摘されている家の数は、消防本部、わかりますか。



○議長(小林喜久男君) 消防長。


◎消防長

火災予防条例というものがございまして、


そこの第24条に空き家の関係、


また空き地の関係、


そういった管理をしなさいということでうたってございますけれども、


消防本部として隣人等の苦情があった場合については、


現場に出向し指導等、その火災予防条例に基づいて行っておりますが、


火災予防上危険という家屋の調査等はしてございません。
 

以上です。



○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。


◆2番(下田剣吾君) 



言及があった火災予防条例というのは、


県と市で定められていますが、


君津市の火災予防条例は第24条に

空き地及び空き家の管理という項目があります。


空き地の所有者、

管理者または占有者は、


当該空き地の枯れ草等の燃焼のおそれのある物件の除去

その他火災予防上必要な措置を講じなければならない、


次に、周囲の延焼のおそれがあるものの除去、


火災予防上必要な措置を講じなければならないと定められています。
 


ということは、

つまり火災が起きないようにするために、


そうしたものを調べておかないと予防上の措置はとれないわけですから、


まず数を調べている消防本部があるというのは、そういう理由からだと思われます。
 


1点お聞きしますが、


空き家や廃屋などが原因になった火災は、君津市では起きていますか。



○議長(小林喜久男君) 消防長。



◎消防長


 最近で申しますと、


小糸の十全社付近の空き家、


これについては原因調査の中で


子供の火遊びの疑いで調査が上がっております。


ただ、先ほどの条例、

今議員がおっしゃいましたけれども、


施錠等がしてなかったという所有者の管理されてない実情の中で、


子供たちが出入り自由であったということでございます。

以上です。



○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。


◆2番(下田剣吾君) 

これはちょっと質問ではないんですが、


私の記憶では、あと2件ほど廃屋のようなところが

火事になった例がありましたけれども、それは間違いないですよね、ここ2年ぐらいで。


○議長(小林喜久男君) 消防長。



◎消防長


 ちょっとそこまでは調べてございませんので、


私のほうでちょっと記憶に残っていません。失礼します。


○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。



◆2番(下田剣吾君) 


私が消防団で仲間と出動したときに、


そういうような事例がたしかあと2件ぐらいありました。


ということで、実際に火災が起きているということがわかりました。
 


じゃ、次の論点。


まちをきれいにする条例という

現在君津市が持っている条例に移りたいと思います。


これには罰則規定があるよと、


何となく議員の皆さんも知っていると思うんですが、


実は、ここで罰則規定を設けているのは3つだけ。


ポイ捨て、


そしてごみ箱を設置しない自動販売機の設置者、


もう1つは立入調査を妨害したことですね。
 


つまり、最初のことに戻りますが、


草をぼうぼうにしていて刈っていない、


そして近隣に迷惑をかけていて、


病害虫も発生するかもしれない不在地主は


罰則規定を負っていません。


少なくとも、


この点には問題があるんじゃないかと思います。



なぜなら、今の条例は景観だけを問題にしています。


まさにタイトルにあるように、


まちをきれいにするために草を刈りましょうということなんです。



しかし、現状、


先ほど議論があったように火事が起きたり、


そして今後病害虫の発生も考えられる。


ですから、もう一歩進んだ対策が必要ではないか。


そういうのが一つ、私の主張であります。
 


1点お聞きしますが、


少なくとも景観だけの目的で定められている条例には限界があるのではないですか。


市民環境部長、お願いします。



○議長(小林喜久男君) 市民環境部長。



◎市民環境部長

 お答えいたします。
 

議員おっしゃるとおり、


まちをきれいにする条例のみでの規制、


そういった部分についての限界というものはあると考えております。
 

以上でございます。


○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。


◆2番(下田剣吾君) 

その意味で、

最初の一番わかりやすい例に戻ります。


草を刈らない人がいて、


周りの人から苦情が来て、どうにかしてくれと言う。


そして、市役所が見に行ってから指導のはがきを出す。


そのときに、何もしない人の多くが


地元に住んでいない不在地主だという例が多い。


それは確かですよね。


そういう人たちの立場に立って考えてみましょう。


罰則規定が今のところないわけですね、


草を生やしておくことに関して。


それで、どうか草を刈ってください、


お願いしますということを言われても従わない。


罰則がないことで、


そのことに従わなくてもいいやと思う不在地主がいる可能性について、


どう考えますか。


○議長(小林喜久男君) 


市民環境部長。

◎市民環境部長

 そういった管理をなされていない地主、

あるいは管理すべき人については、


そういうお考えを持っている方もいらっしゃるかと思います。


ただ、

私どもといたしますと、


基本的には自分の管理すべき土地所有者、


管理者、そういった方については罰則がなくても管理していただきたい。


このような基本的な考えを持っております。
 

以上でございます。



○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。


◆2番(下田剣吾君) 


まさに、人の道としてはそういう考え方はあると思いますね。


しっかりと管理すべきだ。

しかし、


なぜその不在地主たちが今きちんと指導に従わないのかということを、


法的な観点から考える必要があると思います。


少なくとも、1点は景観、


まちをきれいにするために草や空き地を管理しましょうという条例の限界がある。


もう1点は、空き家に関して一切ポイントがないんですね、


今の条例は。


それに関しての、


その2点から少なくとも改正が必要でないかと思います。
 


ここで1つ、行政代執行に関しては


いろんな議論がありますのでやめておきましょう。



私が想定するのは2点だけですね、


その草刈りに対する罰則がないということと、


空き家をそもそも書いていない。


防災・防犯上のことがない。


この2点で調査、


そして、


それで必要があれば条例が必要ではないですか。


答弁を求めます。



○議長(小林喜久男君) 


市民環境部長。



◎市民環境部長


 お答えいたします。


 市として、統計上の数字、


そういったものについては把握しているところでございます。



ただ、適正な管理がなされていない、


いわゆる管理不全の状況の物件について


把握していないことも事実でございます。


こういったことから、


今後の対応について関係部署と協議をいたしまして


対処したい、このように考えております。
 
以上でございます。



○議長(小林喜久男君) 消防長。


◎消防長 


調査ということでお話がございましたので、


私のほうからお話をさせていただきます。
 


調査につきまして、


どういうふうな状況で危険なのか、


隣接、空き地のすぐ隣に


家が建っているというようなことになれば、


それは危険とみなすのか。



そういったことで、


今後地元に精通している消防団ともまた協議いたしまして、


うちのほうで危険と見られる調査については実施をさせていただきます。
 

以上です。


○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。



◆2番(下田剣吾君) 


職員組合の一部の方は給与引き下げなどを求めると、


公務員たたきだと言います。


確かに、


政治が安易にそういうことはしてはいけないと私も思います。


しかし、


保育園や学校が耐震化ができない。


そして、財政が厳しくなっている今、


そうしたことを無視することは、


私たち議員にはできません。


なぜなら、



私たちは組合も職員も市議会議員も、


この同じ君津市の中で


未来や現在の課題の解決のために頑張らなければいけない義務を


市民から負っているからです。
 


これからの市役所には、


市民のほうを向いて一生懸命アイデアを出し、



それに向かって努力する職員が絶対に必要です。


厳しい時代の中で、


職員の中でもそういう職員と、


どちらかといえば

待遇のほうが気になる職員とに分かれてきているようにも思えます。



私たちきみつ改革は、


そうした努力する職員とともに、


子供たちの未来へのための改革を目指します。
 

以上で質問を終わります。

○議長(小林喜久男君) 以上で、2番、下田剣吾君の一般質問を終わります。


----------------------------------


いかがだったでしょうか。

こんかい、3月の質問でも、

調査内容の確認など、より前に進める質問をします。


日程ですが、


3月7日(木)午前10時~
下田けんご 君津市議会 個人質問場所 
市役所8階にお越し下さい。

予約不要、服装自由、入退室自由ですので、

図書館のついでに、

アピタの買物のついでに、など

お気軽にお越し下さい。


今回のテーマは

☆選挙の事務は効率的ですか?

☆農業委員会が農家に悩みや
 今後の課題をアンケートしたみたいですがどんな内容ですか?

☆議会が提案して任命した「防災アドバイザー」は活躍していますか?

☆職員採用の年齢を緩和しませんか?

☆障がい者雇用をもっとすすめませんか?

☆国民健康保険証って、カードの字が小さすぎませんか?

☆草がぼーぼーの空き家なんとかなりませんか?


すごーくかみくだいて言うとそうした内容を聞きます。

ちなみに
僕のあと、午前11時15分からは同じ30代のすなが和良市議が質問しますので


合わせて、よろしくお願いします。



下田けんご



プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!





昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR