FC2ブログ

知る人ぞ知る「新千葉新聞(しんちばしんぶん)」?☆公式議会だより5月1日発行☆議会報告会開始!

大型連休、いかがお過ごしでしょうか。
良い天気が続いているのは嬉しいですね。

さて、きょうご紹介するのは「新千葉新聞(しんちばしんぶん)」についてです。

聞いたことあるでしょうか。

DSCF4433.jpg


新千葉新聞は上総4市、袖ケ浦、木更津、君津、富津の話題だけを!
取材して、発行している新聞なんです。

例えば、家族が取材されたり、紙面に載ったりした時に、
目にするなんて言う方もいるかもしれません。

普通、地域の新聞といえば、
月に2回とか、限られた発行が多いのですが、
この新聞はなんと毎日! 発行しているんです。

つまり、毎日、話題を取材して記事を書き、翌日には家に届く、
まさに大手新聞のようなことを、わたしたちの4市に住む人たちのために、
発行してくれています。

それでは過去の記事を例に、
どんな記事があるのか、見てみましょう。


↓こちらは教職員の異動人事について。
DSCF4427.jpg

自分たちの子供が通っている学校の先生がどこに行ったのか、
気になることありますよね。

新千葉新聞では市役所、教職員などの人事についても詳しく載ります。


↓こちらは君津市小糸地区のこいのぼりについて

DSCF4428.jpg

自分もブログに載せましたが、
糠田(ぬかた)地区の方々がボランティアであげている
こいのぼりが写真付きで載っています。
こういうことも「へぇ」と思いますね。


↓こちらは拓大紅陵高校での防災訓練

DSCF4430.jpg

高校の防災訓練がどういう風に行われたかっていうのも、
時代を映しているし、面白いです。


↓こちらは木更津市のマスコットキャラクターきさポン

DSCF4429.jpg

特にぬいぐるみがどこで売っているか、
知れるなんて、すごくないですか。

↓こちらは開通した圏央道がどういう狙いなのか、
今後について解説してあります。

DSCF4426.jpg


↓最後はトップ記事

DSCF4431.jpg

長野県飯田市と君津市が災害協定を結んだという記事。
これも公約の一つで、実りました。

市長や先輩議員、職員の皆様のおかげです。

つまり同時に同じ災害にあう可能性は低いので、
お互いに助け合うために、
事前に決めておく約束なのです。

ただ、震災以後、協定は、
「実際に役に立つかどうか」という視点が厳しくなり、
簡単には結ぶことができませんでした。

今回の飯田市との協定、どんどん良くしていきたいですね。



さて、なぜ新千葉新聞を私の公式ブログで

とりあげたかというお話をします。

実はこの新聞以外にも多くの新聞がこの地域にはありました。

しかし今年3月までに、

↓毎日発行していた房総時事新聞(ぼうそうじじしんぶん)

DSCF4421.jpg


↓月に二回発行していた房総新聞(ぼうそうしんぶん)

DSCF4422.jpg


この2つの新聞が発行をやめました。


理由はいうまでもありませんが、

僕らがニュースといえばインターネット、
ヤフーニュースという風になりました。

朝日や読売といった大手新聞も部数が減り、
経営も苦しくなっています。

同様に広告を出してくれる企業が減り、
お金を払って読んでくれる人が減る。
紙代や印刷代は高くなっていく。

そういう流れがあります。


私たち袖ケ浦市、木更津市、富津市、そして君津市に残された、

最後の4市の新聞が 「新千葉新聞」 なのです。


私もインターネットを活用しています。

「安くなればいい」と思う心は皆さんと同じ。


でも、この新聞はみなさんにもメリットがあると思うんです。


僕はNHK時代、全国放送する番組以外に、

ローカル放送も担当したことがあります。


例えば山形県ではNHK山形は朝、昼、夜の1時間、週末の特集番組など、

山形のネタを、山形県民だけに放送する枠がありました。


そうした放送を毎日県民は見ているので、


例えば、この季節には新庄市でかど(にしんのこと)焼き祭りだな、とか、

鶴岡市の加茂水産高校の生徒が海に入るな、とか、

また、山形大学の研究室がナスカの地上絵を新発見したな、とか、

いつのまにか、

自分の県について知ることができて、

さらに山形県民という思いを心の中に持っていく。

そんな構造がありました。


ひるがえって

例えば神奈川や茨城を含んだ「首都圏」で

君津市の話題がでることはありますが、

それは本当に有名なものや、大きな事件だけです。



それでも、みなさんの「誇り」ってどこにあるでしょうか、


やっぱり、君津市民、木更津市民、袖ケ浦市民、富津市民、

そういうところじゃないでしょうか。

こうした新聞はシンプルです。

購読してくれる人が増えれば、よりたくさんの記事や

良い記事が書けるようになります。

購読する人がいなくなれば、

続けられなくなる。


つまりは、この4市について、ちゃんと記事を書いてくれる新聞が

いなくなってしまうということです。


なので「ニュースは無料がいい」という論理もわかりますが、

少なくともこの論理は、

4市の「へぇー」っていう情報をしりたいなぁという

ことにはつなげることができないのです。

新千葉新聞のスタートは

今見てみたら、なんと

「昭和21年3月10日」とあります。

70年近く続いているんですね。


さて、値段は1部  45円
      月額 1050円(税込)

だと書いてあります。

今、とっている新聞の中に折り込まれますし、

同じ方法で口座振替などもできるそうです。


もし興味があれば、考えていただければと思います。

お申し込みは

新千葉新聞社
 
電話 0438-22-3849

までお願いします。




続いての話題は

君津市議会が発行する

公式の議会だよりが、

5月1日の新聞朝刊に折り込まれます。

今回は3月議会についてですが、

今年度予算もあり、各会派による「代表質問」という
90分の質問もあったので、
たくさんの議員の考えなどを知ることができると思います。

もちろん、下田けんごや
同じ30代のすなが和良市議も欠かすことなく質問しています。

下田は
特に、

①上総(久留里、松丘、亀山)地区の新保育園ってどんな感じ?

②障がい者政策の改善ってどこまで進んだの?

③全然管理されていない空き家について市長はどう思いますか?



というあたりを原稿にしております。

捨てずに、すこしでもお読みいただければ嬉しいです。



最後の話題は議会報告会について。



やっとみなさまに知られてきたみたいで、

行きますよ~と話しかけられるようになりました。


いわゆる選挙事務所とか決起集会とか、

まったくそんな感じではありません。


女性の方も来て、お茶でも飲みながら、


「○○っていう単語をわかりうやすくいうと・・・」


「もっとがんばらなきゃだめよ!」

とか、身近で、楽しい?ものです。


まさに政治を身近に、

という自分の政治的な志の部分でもありますので。

安心して参加ください。

報告会写真


日程はこちらです。

下田けんご第6回議会報告会!

5月7日(火)小櫃(おびつ)公民館  
       午後6時~
  

☆同じ30代のすなが和良議員と共催します。 


5月8日(水)小糸公民館第1会議室 
       午後3時~


5月11日(土)生涯学習交流センター(市役所よこ)
        1階会議室 午後2時~


5月12日(日)周南公民館 2階会議室 
        午後3時~ 




お気軽にお越し下さい!



下田けんご

小糸・糠田(ぬかた)地区のこいのぼり★かじめ(海藻)のラーメン★消防委員会開催!

こんばんは。
さて明日からは、ゴールデンウィークですね。
※ちなみにNHKでは「大型連休」といいます。
 商標にならないための配慮。

最初は、糠田地区のこいのぼりを見ていただきましょう。


ちょうど中小や小糸郵便局があるところから、
小糸中のある方向に、たんぼ中に歩道が整備されています。
塚原・中島線といいますが、

そこを通っていると、何か見えます。

DSCF4446.jpg


こいのぼりでした。

DSCF4451.jpg


すてきですね。

DSCF4450.jpg


聞いてみると、地元の方がボランティアで毎年あげているんだとか。

ぜひ見に行って下さいね。

こいのぼりはこどもたちの健やかな成長を願う意味でしょうから、
それが自分の家のこどもだけじゃなくて、
地域全体のこどもの成長を願っているようで、

より、素敵に見えました。

動画も撮ってみました。




偶然にも、
糠田地区には夏に児童養護施設が開所します。

小糸・糠田地区に建設中の「はぐくみの杜」について


重ねて、君津市みんなでこうしたこどもたちを応援できればと思います。
みなさまよろしくお願いします。



おなかが減ったので、中島のらーめんもみやまへ。

すると、新メニューが!

DSCF4465.jpg


海藻のかじめを使ったラーメンだとか。
じゃじゃん!
DSCF4464.jpg

スープにもたくさん浮いています。

DSCF4467.jpg

海藻のとろみがついていて、魚系のスープとの相性はばっちし。

からだにも良さそうですね。
もしよかったら食べてみてくださいね。



そして、先日は
消防本部で消防委員会が開かれました。

外では訓練をしている隊員たち。

DSCF4457.jpg

彼らのおかげでぼくたち市民の命が守られています。

DSCF4456.jpg
(挨拶する鈴木市長、となりは真木よしお消防委員長)

消防行政に関してはある種の独立性があり、
議員や、医師看護師など医療関係者、
元消防団長など消防団関係者などで構成する、
消防委員会が重要政策について諮問したり、報告を受けたりします。


今回はちば共同指令センターの業務について。
2月以降、119番が千葉市につながり、専門スタッフによって
運営されるようになったこと。

今年の消防にかかわる予算などについて説明を受けました。

全体的な予算が減っているため、減少傾向ですが、

総務省から消防団10分団(人見)地区に津波被害などを想定した、
機材などを詰める消防自動車が貸与されることになるなど、

さまざま工夫がみられました。

また、先日の3月議会で
「救急車が到着しても病院までなかなか時間がかかる」
という議論をもとに、

救急のありかたや工夫に関して活発な議論が行われました。


今後とも議会の立場から、よりよい消防のために発言していきたいと思います。


ちょっと関連があるかもしれないので、
先日の報告チラシに入れた、消防団についてのコラムをご紹介して終わります。



★★★★
2013年4月22日発行 議会報告チラシより

下田けんごのコラム

「消防団は、いつでも、どの地区でも、入る人を募集しています」

 僕は生まれ育った周南(すなみ)地区の消防団第4分団に入っている。

仕事で行けない事も多くて申し訳ないのだが、

社会人の間、

離れていた君津に帰ってきて、最も「地元」を意識する仲間に会える場所だ。
 

「ショーボー団っ!」。


田んぼの虫を駆除するための「芝焼き」や

公民館の文化祭などにも消防団は参加する。


そこでは必ず自治会のおっちゃんたちにそう呼ばれる。

名前で呼ばれず、


「消防団、ジュースやるから飲め!」

とか

「消防団、もっと働け!」、

と親しみをこめて呼ばれる。


それが誰かということではなく、

地元の人にとって、「消防団は消防団」なのだ。
 

その親しみの背景にあるのは自治会が
消防団の活動費の一部を出していることがある、

これは感謝である。

そのおかげで消防団は成り立つ。


もう一つは

おっちゃんの多くも元消防団員だということ。


つまり彼らは先輩で、僕らは後輩になる。


「消防団!」「はいっ!」。そんな感じの関係なのである。
 

しかし今、消防団は大きな曲がり角を迎えている。

地元を出て就職する若い人が増えた結果、

入団する人は激減。


また地元に残った若い人からも
「飲み会が激しい」とか「先輩後輩が厳しい」

そんなまちの噂から、

本人だけでなく家族が熱心に反対するケースも増えてきた。
 

昔、消防団に入ることは

ひとつの「憧れ」でもあったと聞く。


地域には青年団や消防団、農業青年団体などがあり、

入りたいと思っても順番待ちで入れない、

そんな時期もあった。
 

しかし、その状況は大きく変わった。

一つは仕事場の違いだ。


以前は消防団員の職業は農業や自営業が7割で、

3割がサラリーマンや公務員などだった。


だから、
いざ火事が起きたら比較的すぐに駆けつけることもできた。


しかし今、その割合は完全に逆だ。


サラリーマンがほとんどを占め、

自分の地区に職場がある人は少なく、

千葉や東京に通勤している人も多い。
 

そうした中、

新しく入る人もいない、

そしてどうなったか。



まずは新人と入れ替わりに退団するはずの先輩たちが、

「しばらくの間」残ることになる。


しかしその年数は「異常」に長くなっている。

最初の自治会のおっちゃん達の時代の「消防団」は

4年~5年の任期だった。


それが今はなんと10年以上だ。


僕も新しい人が入る前提で12年の任期が予定されている。



昔と比べ、3倍、4倍の長さだ。


長くなれば、家族の負担、


仕事への影響も昔より大きい事が想像できる。
 


もうひとつは今の若い世代の雇用の不安定さだ。

非正規雇用の団員もいる、


またコスト削減など厳しい時代で、


消防団に対する理解は限界がある。


想像してほしい。


いざ火事だという時に

「消防団なので行ってきます!」と言って、


上司が、あるいは仕事を代わる同僚が


温かい目で見守ってくれる会社が今そんなにたくさんあるだろうか。


現実に消防団仲間たちはまわりに謝りながら、

頭を下げながら火事場に向かうのだ。
 


昨日、消防団の集まりに出ると、


年末の火災予防運動の日程を決めるくじ引きがあった。


クリスマスイブも大みそかも

僕らは鐘を鳴らしながら火災予防をよびかける。


みんな家族がある、恋人もいる、可愛い赤ちゃんがいる。

それでも活動する。
 

市民の皆さんにわかってほしいのはただひとつ。


消防団員のそのまっすぐな思いだ。


議員である僕はメリットがある方かもしれない。

政治という年配者が中心の世界で戦う僕には、

若い世代と出会え、仲間になれる良い場所だろう。


ただ、他の仲間はどうか。


職場で頭を下げ、家族との時間を削ってまで

消防団に参加するメリットなど見つからない。



ではなぜ参加するのか。
 

それは「地域の安全を守るのは自分たちしかいない」
という自負かもしれない、


「自分がやらなければ誰がやるのか」という義務感かもしれない。


でもどちらにしろ純粋な若い世代の思いだということを伝えたい。


それも

より厳しい時代の中で頑張っている若者の思いだということを。
 


火災予防の呼びかけにも「うるせぇ」と苦情が出る時代だ。


それでも消防団は頑張っていく。


市民の皆さんも火災現場で、


あるいは休日に

いざ火事の時に使う水の設備を

フタを開け閉めして

点検する青い服の消防団を見ることもあるかもしれない。


または自分の家族や知り合いが


消防に誘われることがあるかもしれない。


そんな時はほんの少しで良いので、


地元を守る消防団の心に


思いをはせてくれたら嬉しい。(下田けんご)

消防団




あす22日朝刊に議会チラシ折り込み・見て下さい&消防&植樹祭&小糸のはぐくみの杜設立

きのう今日と寒い日が続きます。
体調などくずされてはいないでしょうか、気をつけて下さいね。

あす22日(月)の朝刊に

下田けんご市議会報告第6号が折り込まれます。

DSCF4438.jpg


今年度予算の注目ポイントや
市民の皆さんからいただいた質問についてなど、
なるべく読みやすく書きましたので、

僕のようにクーポンがついてないチラシはすぐにしててしまう人も笑、

ほんの少しで良いので、見ていただければ嬉しいです。


また、意外と「知ってれば見たのに~(捨てちゃったよ)!」
という方もいらっしゃいますので、

ご家族やお知り合いに、一言「入ってるよ~」と知らせていただけると嬉しいです。

また、新聞取ってないけど見たいよ!
という方にはいつもお届けしています。
メールや電話でおしらせ下さい。お気軽にどうぞ♪



さて、近況ですが、

先日は所属している防災対策特別委員会(藤井修委員長)で、
千葉市にあるちば消防指令センターに行ってきました。

DSCF4362.jpg


というのも、今までは君津市から119番をかけると、
もちろん、杢師地区にある消防本部に繋がっていました。

しかし、最近の無線のデジタル化や技術や機械の高度化が進んで、
機械の購入や維持にお金が高くかかってきました。

そこで千葉県では共同で司令業務。
つまり、119番を受けて、消防車や救急車を派遣するまでのしごとを

共同で行っています。

DSCF4369.jpg


というわけで2月以降は君津からかける119番はこの千葉市のセンターに繋がっています。

いくつかメリットがありました。

まずは
・設備を購入するコストが下がった。

また。
・電話した位置をすぐに知らせ、対応する地図が表示され、
 一番近い、派遣すべき車の位置までわかる最新鋭のシステムが導入されています。

さらには、
・これまで小さい消防本部では司令業務の専門家の数には限りがありました。

つまりは大きい消防本部とのレベルにも差があったと言えると思います。

しかし、今回君津市からも2名が派遣されていますが、

各本部からの選ばれた職員が、

最新の情報や研修、指導によって、司令業務を行いますので、

その仕事は格段によくなるものと思われます。


利用する立場としては、
例えば電話の冒頭に「君津市です」、とはっきり言うのも良いと思います。
同じような地名もありますので。もちろん念のためです。


次に市原市の防災倉庫を見せていただきました。

DSCF4385.jpg

倉庫にあったこちらは何かというと、

DSCF4384.jpg


非常用工具のセット。

直下型地震などがおこれば、

同時に多くの人が被災します。

ということは、近所の人や家族を自分達で倒れた家から救出する事態は
当然考えられます。

その時は道具があるかないかは大きいですね。

下には車輪がついていて持ち運べました。
自治会や自主防災会などにおススメです。


同じ敷地内には消防の訓練棟がありました。

DSCF4387.jpg


職員達は実際に出動しない時、日夜訓練に励んでいます。

立派な訓練棟でした。


よく見ると、
地元企業の寄附で作られていました。

DSCF4386.jpg


しっかりとした企業もあるのだなと思いました。

君津の場合は、高所放水車など君津市でみなさんの税金を使って、

君津製鐵所を想定するような設備を購入しています。

もちろん、市民である従業員のみなさんの命を守るためですから必要です。

ただ、市原市の訓練棟の話などは企業から提案があったそうです。

意識の違いというか、なんというか。







続いては20日(土)には

清和地区の奥米(おくごめ)という地区で、
植樹祭が行われました。

雨で寒かったのですが、
素晴らしい花が、色を鮮やかにしていました。

DSCF4391.jpg

DSCF4393.jpg


おっと、こちらはきみぴょんのスタンバイ中。

DSCF4402.jpg

鈴木市長も植樹しました。

DSCF4408.jpg


今回のイベントは音楽関係者でつくる音事協の協力で行われていますので、

演歌歌手の山川豊さんなどにも植樹していただきました。

DSCF4404.jpg

↓こちらは「はやぶさ」というグループと君津のマスコットきみぴょん

はやぶさ

DSCF4407.jpg


きれいな森ですので、ぜひ市民の方も行ってみて下さいね。

こちらは地元の三島小学校の子ども達。

DSCF4403.jpg

清和地区の皆さんも参加、

DSCF4414.jpg

美味しいすいとんをふるまっていただきました。


議会からもお手伝い、
こちらは真木よしお議員、奥にいるのは保坂よしかず議員。

DSCF4396.jpg

こちらは鈴木りょうじ議員。

DSCF4412.jpg


私も焼きそば作りを手伝いました。


良いリフレッシュになりました。
その後、文化ホールで公開イベントの演歌イージャンが行われました。



私は車ですぐに千葉市へ向かいました。


今年夏に君津市の小糸地区に開所予定の
児童養護施設「はぐくみの杜(もり)」
を支える会の設立総会に参加しました。

小糸・糠田地区に建設中の「はぐくみの杜」について

DSCF4416.jpg

児童養護施設というのは、
主には虐待された児童・生徒が暮らす施設です。

小糸公民館の近くの糠田(ぬかた)地区に建設しているのを、
見た方もいらっしゃるかもしれません。


虐待のニュースが増えると同じに、
施設に入所しなければならないこどもも増えています。

しかし、国の整備はおいつかず、基準ギリギリの人数で運用していると、
僕も、同僚がNHK時代に取材していました。

今回は木材を使い、またデザインも温かい施設で、

まさに小糸地区の美しい自然の中で、こどもたちは育ちます。

運営するのは生活クラブ生協を中心にやられるようです。
特にこれまで関係はなかったのですが、
小糸の方からいくつか質問を受けたのと、
地元から少しでも力になれればという思いもあり、自ら参加しました。


こうした施設を地域で受け入れるためにはハードルもあるとは思いますが、

すばらしい施設になるように、

また地区と協力的な関係になるように、

ぼくもがんばりたいなぁとおもいました!

DSCF4417.jpg
会場で講演くださったのは、
NPO「ブリッジフォースマイル」の林恵子さん。


会社員から社会企業家として、
児童養護施設のこどもたちを支援する姿に感動しました。

今は社会人ボランティアを中心に、

とくに児童養護施設をでたあと、就職、結婚、自立していく子ども達へ、
さまざまな支援を行っています。

NPOブリッジフォースマイル


虐待や児童養護施設の運用は
深刻な問題でありますが、

それをただ深刻と捉えるのではなく、
どう解決するか、そのために自分達が何をするのかという視点で、
考え、行動し続ける姿に、

まさに新しい時代の輝きを見ました。

ぼくたち新しい政治家に求められるビジョンとも共通すると思います。

とても刺激を受けました。


施設については、
これから建設~入所という形になり、またその後など、
多くの方の支援を必要とすると思います。

はぐくみの杜を支える会の会員という形で、
2400円の年会費で支えてくださる方も募集しているそうですので、
どうか、みなさまよろしくおねがいします。


それでは、
あすの折込チラシでお会いしましょう♪


下田けんご


周南小学校中学校入学式&八重原幼稚園入園式!

温かい日がつづきます。
いつのまにか、ブログを更新していないことを示すスポンサー表示が。。
ご無沙汰しています。

きょうなんか、暑いくらいでしたね。

さまざま飛び回りつつ、
今度の22日に新聞に折り込まれる
「下田けんご議会報告第6号」の編集作業を行っています。
ほんの少しでも良いので目を通してみてください。

また、「今度、議会報告が新聞に入るんだって~」と、
お知り合いにおしえていただけると嬉しいです。
今回は予算が成立した議会なので、その一部や、
よく聞かれる日常活動について書いています。

また、新聞とってないけど見たい!という方はメールをいただければお届けします。
今は10人くらいの人から配達を頼まれていますよ。


さて、温かい季節は入学の季節。

まずはその日、午前中に周南(すなみ)小学校へ。
DSCF4329.jpg

ぴっかぴかの子ども達が入学でした。

DSCF4328.jpg

消防団の先輩のおこさんも入学していました。

DSCF4330.jpg


校長先生は理科の実験をなんと壇上で披露して、

「なんでだろう?」という気持ちを持ち続けて学校生活に取り組んでと

ご挨拶されていました。

PTA会長さんの挨拶もすごく素敵でした。



そしてなんと午後には周南中学校の入学式でした。

DSCF4331.jpg


何度見ても懐かしい校舎です。

DSCF4333.jpg


部活や、先輩後輩、受験など、

やはり不安なことも多いのかなと想像しました。

DSCF4332.jpg


周南地区は常代、郡地区の人口が増えていることもあって、

小学校中学校ともに、

歌声や人数で勢いを感じました。

DSCF4334.jpg


残念ながら君津市全体では、年々減っている子ども達の数に
あたまを悩ませる大人が増えています。

残りたい人が残れて、
また、外からも新しい人が入ってくるまちにしたいです。


さて、きょうは清和大学付属八重原幼稚園の入園式でした。

DSCF4344.jpg



入園式の看板の前で記念写真を撮っている親子の姿、

とっても素敵でした。


周南の同級生にも会えて嬉しかったです。

また、自分が中央高校卒業だと言ったところ、

「自分も中央です、
 自分達の世代で議員やってるなんて知らなかった、
 応援してます!」

と声をかけていただきました。

めちゃくちゃ嬉しかったです。

体調をくずされたと聞いていた真板益夫校長先生も元気にあいさつされていました。

その姿に思わず胸が熱くなりました。

こちらも父母の会の会長さんが挨拶されたのですが、

素晴らしいものでした!


入学、入園された全てのみなさんの
すばらしい学校、幼稚園生活をお祈りします。

保護者の皆さんも本当におめでとうございました!!!


下田剣吾
プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!

昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

歴史秘話ヒストリア
有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
あさイチ
私も一言・夕方ニュース
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR