FC2ブログ

6月議会無事に終了&質問全文公開★新日鐵住金かずさマジック都市対抗!★7月23日チラシ折込

だいぶごぶさたしておりました。

その間に6月議会が終了し、
 
連続7回目となる個人質問も無事に終わりました。

来て下さった方ありがとうございました!


また、

いつも通り、議会報告を新聞折り込みするため、

原稿を作っていました。

家での&深夜作成作業もやっと終了です。


折り込み日は

7月23日(火)
を予定しております。

捨てないで、ちょっとだけでもご覧ください


参院選挙の期間と投票日翌日は、
折り込みできないそうです。

勉強になりました。


さて、まずは先日ハミルトンホテルで、

野球の市民球団、

新日鐵住金かずさマジックの壮行会が開かれました。

DSCF4720.jpg


藤野君津製鉄所所長からも熱い言葉が聞かれました。

DSCF4725.jpg

 
初戦は14日、勝利を祈ります。


そして6月議会の個人質問の原稿も

ここに公開します。

というのも君津市議会はインターネット録画もないため、

市民が内容を確認できるのは、

議会の当日、市議会に行くか、

2か月後に公開されるインターネットの議事録を

見るしかないのです。


というわけで、

市役所で公式ページで公開された3月議会のやり取りも、

少しずつ解説していきます。


遅くてすみません。



で、まずは6月の自分が質問した原稿。



まあすさまじい「反響」でした。

それでも市民のためになるように頑張ります。


★ ★ ★
(多少原文と相違があるかもしれません)

gikai-syasin_20130525204351.jpg



(下田けんご)
皆様、おはようございます。
  
ただいま議長を努める磯貝清副議長より

許可をいだきましたので、

通告に従い質問いたします。
  

通告順序4番、議席番号2番、下田剣吾です。
  

質問は大きなテーマである大綱が5点、

その中の項目である細目が9点です。
  


おととい、月曜日、新市長のもと、

情報戦略や企業誘致で全国でも注目されている千葉市が、

知的障害者に市役所で働いてもらう

チャレンジドオフィスを始めたとの報道がありました。


君津市では、それに先駆け、

先月設置し、

今、2人の女性が元気に活躍されています。


もちろん少し君津のほうが早かったという

実施時期の話ではありますし、


また大切なのは、


これからの内容ではありますが、


本市の職員がみずから考え、

最先端の政策を実行しているということを

ぜひ評価していただきたいと思います。
  


さて、きのう、サッカー日本代表はワールドカップ出場を決めました。


5大会連続と一口に言いますが、

その間、世界では、サッカーの戦術も情勢も大きく変わりました。


また、日本チーム自体も監督も何人も変わり、

選手も変わりました。


その中で、守るべき伝統は守り、


世界の変化に対して

自分から変わり続ける努力を決してやめなかったからこそ、


今回のすばらしい成果を残せたのだと思います。
  


君津市も、この議場にいらっしゃる方々をはじめ

先輩方が、市民の皆さんとともにつくってきた伝統があります。


それを守り、今後発展していくためにも、


市役所も議会も、

まさにみずから変わり続ける必要があるのではないでしょうか。


そんな思いを持って、


それぞれの政策について、

またそれにかける思いをお聞きしますので、


執行部の明快な答弁をお願いいたします。
  

では、まず初めに、防災対策についてお聞きします。
  

今回は、君津製鐵所を取り上げたいと思います。
  

君津製鐵所は、市民にとって大きな影響のある施設です。


先日の議会で、270億の予算のうち、

関連の歳入はおよそ80億円を占めているとの答弁もありました。


税収だけでなく、多くの市民が働いています。


その家族も多くいらっしゃいます。


まさに重要な施設です。
  


そうした中、去年より、


君津製鐵所内での火災等の事故が繰り返し起きています。


市民の間からは不安の声が聞かれます。
  


まず、大前提として、


製鐵所内で懸命に働く方々を責めるものではありません。


また、世界的な競争に立ち向かっている皆さんに対しても敬意を表します。


現役時代は会社のために尽くし、


今は地域のためにも尽くしていただいているOBの方々にも感謝をいたします。
  

ただ、私は、


不安を抱える市民の立場に立ち、


特に市役所と製鉄所との関係、


情報の共有などについて、今の状態が理想なのだろうか、


そんな問題意識を持って質問いたします。
  


去年7月、君津製鐵所では


2009年に起きたのと同じコークス漏れという大きな事故が起きました。


そして、そのわずか一月後には、


冷延工場で火事が起こりました。


一体どんな安全管理がなされているのか心配していたところ、


ことし3月にも建設作業員の男性が作業中に落下し、


亡くなりました。


製鉄所近隣の住民はもちろんですが、


家族が製鉄所で働いている市民も不安になるのは当然です。
  


まず初めに、昨年の火災の経緯、

特に短い間に連続したことについて、


また、それに対する市役所の対応についてお聞きします。
  

関連して、市民のかかわる製鉄所内の事故についてもお聞きします。
  

一方、君津市と同じように製鉄所を抱える千葉市や、


同じ鉄鋼関連企業のある

愛知県東海市などの市では、


事故が起きた際、企業に対して、


市民への情報提供を求めたり、


市長が


再発防止の要望書を直接提出するなど、


積極的にかかわっています。
  


私は、事故の再発防止をさらに求めるためにも、

本市もそうしたことをすべきではないかと思いますが、


見解をお聞きします。
  


次は、少し視点を変えたいと思います。
  

本市の災害協定に関して、

鉄鋼関連企業とのつながりを活用できないかという提案です。
  


大規模災害に備えた


君津製鐵所との情報共有や協力については、


前の議会で前向きな答弁をいただいたとおりです。


ぜひ進めていただきたい。
  


今回は、特に先ごろ締結された長野県飯田市に続く、

次の災害協定についてです。
  


先ほどの愛知県東海市では、


岩手県釜石市と交流を続け、


東日本大震災のときには、

何と当日に職員を派遣しました。


また、物資輸送なども積極的に行ったことが

防災の専門家の間で注目を集めています。
  

これを実現させたのは、


同じ製鉄所を持つつながりだったといいます。


釜石製鉄所が休止したときに、


多くの方が東海市に引っ越してきたことから交流が始まり、


その交流を長い間続けてきました。


製鉄所の状況が変わり、

多くの人が転入してきた、


まさに本市と同じではありませんか。



釜石市は被災地として復興に取り組んでいます。


また、東海市も防災対策を積極的に行っています。


そういう意味で、

本市も鉄のつながりを生かすべきではないでしょうか。



東海市、釜石市との災害協定、連携を提案しますが、見解をお聞きします。
  

次に、産業についてお聞きします。
  

君津製鐵所から、木更津市に


製鉄所の管理センターが移転されたことによる、


市民のショックはいまだに尾を引いています。


税収を具体的に見ていきますと、

法人市民税は従業員の住所に案分(あんぶん)ということで、

すべての税収が移ったというのは誤解であります。
  


しかし、誤解している市民は少なくありません。


私は、これまでの市役所の説明にも責任があると考えます。


実際に税収の影響はどうなのか。


その額を含めて、市民にわかりやすく、

正確にお聞きします。
  


また、

今回の市民の不安のもととなった管理センター移転ですが、


跡地は一体どうなるのでしょうか。


移転を受け入れた経緯とともに説明していただきたいと思います。
  


次に、企業誘致についてお聞きします。
 
 
議会の中で、去年、


市内に工場を置く漬け物会社が工場を拡張する予定であると


企画政策部より説明がありました。


しかし、その後、その話を聞くことはなく、


その会社が成田に


非常に大きな規模の工場と研究施設を建設との新聞報道がありました。


一体どういうことでしょうか。


経緯をご説明ください。
  

関連して、本市の企業誘致は、


場所がアカデミアパークがメインと限られているためか、


市の存続を企業誘致にかけている他市と比べて、


その熱意や工夫が足りないように思えます。
  


私は、冒頭に戻りますが、


製鉄所の存在感をぜひ生かすべきだと思います。
  


専門家にお話を聞いたところ、


製鉄所にとって国内ユーザー、



つまり生産した鉄を


次の製品に活用するようなメーカーを


どれだけ新規に獲得できるかということが、


製鉄所の必要性に大きくかかわるということです。



であれば、


例えば企業誘致に関して、


製鉄所の製品を活用するようなメーカー、



あるいは鉄鋼関連企業の戦略に合わせた


企業誘致をするのも一つの視点ではないかと思いますが、


見解をお聞きします。
  



何度も取り上げていますが、


高齢になって車の運転ができずに買い物に困る、


さらには病院に行くのさえためらう、



そんな市民の声は想像以上にふえています。


民間バスの撤退した路線を中心に、



本市でもコミュニティバスを走らせていますが、



バス停まで著しく遠い、

また、


きつい坂のある集落などでは問題は解決されていないし、


悪化するばかりです。
  


確認しますが、


計画の説明や上総地区での状況を見ると、


早ければ来年にも



小糸、周南、清和地区等での社会実験が始まると考えてよいのか、


お聞きします。
  


次に、公共施設についてお聞きします。
  


君津市には公民館や保育園をはじめ、


さまざまな公共施設がありますが、


他市の事例を調べれば調べるほど、本



市は広く、


また地区ごとに設置した経緯もあるため、


施設の数がとびきり多く、



深刻だという思いを抱かざるを得ません。



財政が今より極端に悪化すれば、



望まない形での統合や


廃止などの決断をせざるを得ません。



しかし、市民は納得できるでしょうか。
  


ですから、


そうしたことの前に、


できるだけの知恵を使い、


今後の選択肢をふやすべきだと思います。
  



私は、前の議会で、


周南地区の常代、宮下保育園、



さらには、周南公民館を含めた複合化を提案いたしました。



さらには、

JAや郵便局など、市民が日常利用する事業者にも、


例えばテナントとして入っていただく多機能化についても提案いたしました。


それが実現すれば、

お年寄りも子供も隣り合って利用する、


また用事も一か所で済む、


さらには市役所にテナント収入も入るという、


たくさんのメリットがあります。
  


それに対し、武次副市長から前向きな答弁をいただきました。
  


ですので、その第一歩として、

佐倉市で行われた大学との調査プロジェクトを提案します。
  


ファシリティマネジメント、


つまり老朽化した施設の整理の先進地である佐倉市は、


大学を使って、


地区にある公的施設の複合化や多機能化のメリットを調査しました。


周南地区で複合化がどのようなメリットがあるのか、


ぜひ、来年度にも調査事業を始めていただきたいと思います。


そのことは、


きっと本市全体の公共施設の再編のモデルとなると思うからです。


見解をお聞きします。
  


最後に、情報政策についてお聞きします。
  

インターネットをどこにいても使うことができる、


タブレット端末や


携帯電話のスマートフォンを使う市民が今、激増しています。


時事通信社の調べでは、

40代でも4割、


20代では既に6割以上がスマートフォンを使っています。



例えば図書館でこうした端末を使うことができれば、


関連する図書や情報を探したりすることで、


さらに深い学びを得ることができます。
  


さらには、

電話がつながらないような大規模災害で、


メールやインターネットは重要な通信手段だと実証されています。


そうした中で、通信会社や携帯電話会社などでは、


安全に配慮しながらインターネットに接続する


公衆無線LANというサービスを行っています。


富津市などでも、近隣市でも、既に実施済みです。
  


こうした取り組みを研究し、できるだけ早く、


市役所1階ロビーや図書館、公民館など、


多くの市民が利用する場所で公衆無線LAN導入を提案しますが、


見解をお聞きします。
  

以上で質問を終わります。
  


二次質問は質問席で行いますので、


よろしくお願いいたします。



★ ★ ★


いかがだったでしょうか。


議事録の公開は8月上旬です。

その時に解説します。



あとは市が発行する
公式の議会だよりが、

8月1日に発行予定です。
こちらもご覧ください。


それでは。


下田けんご


プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!





昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR