FC2ブログ

25日(土)の新聞に下田けんご議会報告チラシが入ります☆すてる前にちょっとだけ見てくださいね☆お知り合いにも☆

25日(土)の新聞のチラシの中に、

下田けんごの議会報告第9号がはいります。


新聞の広告はまとめてごみばこへ、という方もいると思いますが、

1回、君津市内全域3万2千戸に新聞広告を入れるのに、

20万以上のお金がかかります。


基本的には12月議会の、皆さん注目の情報について、

わかりやすく解説しています。

また、興味深い情報なども満載ですので、

ぜひほんのすこしだけでもよいので、

読んでみて下さいね。


また、皆さんの口コミが大切です。

読みたかったのに、ごみ箱に捨てちゃった、

とならないように、


お友達や、ご家族に、

「明日の新聞に下田のチラシが入るよ~」と


お伝えいただければ最高にうれしいです。




また最近は新聞をとっていない方も多いと思います。

そういう方には僕が直接届けますので、

お気軽にメッセージ下さいね。


そういう方も20人ほどいらっしゃいます。



それでは明日の朝刊でお会いしましょう☆




下田けんご

君津の新しい産婦人科が完成☆しいたけは好きですか?☆政治家がどうして人の悪口を言うのか☆クラゲ世界一加茂水族館☆

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。



年末年始は、さまざまなことがあり、

直接ごあいさつできなかった方も多く失礼しました。



最初に紹介したいのは、

僕の大好きなものです。


DSCF4774.jpg


そう、シイタケです。


干したシイタケの印象が強いせいか、

においが・・・とか、

きらいな人もいるようですが、

それは固定観念のなせるわざかもしれません。


DSCF4775.jpg


新鮮なシイタケを塩こしょうしてから、

バターで炒めて、

あるいは焼いてから、醤油をさっとかけて、

さらに鶏肉や牛のステーキなんかと一緒に、

あるいはチーズと合わせて・・・


こうしたほかのキノコが使われる料理で


一度しっかり、食べてみてください。

めちゃくちゃ美味いです。


しめじより、えのきより、エリンギより、

松茸より、ポルチーニたけより、

味が濃厚で、他の食材との相性も抜群なんですよ。

世界のシェフたちもその味の良さに注目しているんです。




なぜ新年一発目が「しいたけ」なのか。


それはぼくらの君津市に関係あります。



今年3月には東日本大震災から3年目を迎えます。


福島第一原発の事故のあと拡散した放射性物質によって、

君津市のシイタケが出荷制限を受けているのです。



同じく制限を受けているのは周辺では富津市。

木更津も袖ケ浦も大丈夫なのですが。



農業用ハウスで育てられる「施設栽培」も

屋外の「露地(ろじ)もの」も両方です。


大前提として、健康を守るために、

こうした出荷制限をして、市民を守ることには賛成です。




今回はそれに対する「思い」について。




農家さんに話を聞いたところ、

東京電力に被害を請求するためもあり、

これまでと同じように栽培しているそうです。


愛情をかけて育て、

最後に写真をとり、重さをはかって、

そして被害の請求の書類をつくるそうです。

しかし出荷ができない。


東電はそのその書類をチェックして、賠償を入金しますが、

そのお金が遅れることもあり、

その入金を

ちゃんとはいるだろうかと、

心配しているときに、

ふと、なぜこんなことで悩むのかと

複雑な思いになると話してくれました。





そうですよね。

「うまいシイタケを作って食べてもらいたい!」


そう思ってシイタケ作りをし、工夫して、勉強もしてきた。


それが書類作りや賠償など、そういうことに巻き込まれ、

しかし、それがないと困るという現実。





先日、母校の立命館大学の企画で福島県を訪れました。

そこでも土づくりや有機農法に取り組んできた農家が、

風評被害によって、生活を大きくおびやかされる姿を見ました。



シイタケを中心に栽培する農家もそうですが、

新しい道を切り開こうと、工夫して、良く考えて挑戦した人ほど、

今回の原発事故で苦労している、


それが悔しくてなりません。




原発をなくしていく、

またいまだ先の見えない福島第一原発を安全にするための方策は、

第一には国と国会議員が責任を持って取り組む課題です。




僕らがいちばん考えるべきだと思うのは、

「わすれてはいけない」


ということだと思います。




震災のことがなかなか話題に上らなくなってきました。

震災関連番組のテレビの視聴率も低い傾向があります。




世の中には楽しいことや心が弾むことがたくさんあり、

誰だって、苦しいことよりは楽しいことを考えたい。




僕は福島が忘れられがちになっている現状の本質は

そこにあると思っています。

僕自身だってそういう部分があるのだと思います。



何十年も続くであろう事故の処理や

何十年たっても戻れない、

故郷を強制的に失った人たちの心がどれほどのものか。

生活の中での放射性物質への心配。


あまりに重い現実だから、

テレビのチャンネルを震災関連場組に合わせなくなっていく、

友人との会話で話題にのぼらなくなっていく。


その積み重ねではないでしょうか。



でも当事者はいまだに苦しいし、どうすることもできません。




そのことを忘れたくないと思います。





なので、考えのスタートは逆になります。


「自分と、少しは、関係ある」


同じ君津市に住むシイタケ農家さんは今も苦しい思いをしている。

ああ、大変だな、、

ここから考えをスタートすれば、

少し変わっていくのように思えました。



あと、君津市には

福島から避難してきた方々もいます。

市役所に聞いてみると



・君津市に避難してきた被災者の方、一番多い時はどれくらいいましたか?

【回答】

平成23年9月の53世帯、130名が最多です。

・今はどのような現状ですか?

【回答】

平成25年10月時点で、
市で把握している方は、24世帯、58名です。



そうなんです。

一緒にこのまちに住んでいるんですね。



シイタケについては、

今農家の皆さんと市役所は、

できるだけ早い出荷再開に向けて努力を続けています。


国が進める、放射性物質が付きにくい、栽培方法を行って、

その効果が出ています。


DSCF4765.jpg



まだ時期は明確ではありませんが、

早く君津の美味しいしいたけが皆さんの食卓に

届いてほしいと強く願います。


※追加で書きました。1月10日

今朝の新聞報道で、君津市にある直売所「四季の蔵」で、

市内のしいたけが販売されていたことが判明し、

千葉県が販売中止を指導、商品を全て回収しました。


その生産者の方は自分でしいたけを検査に出して、

基準の100ベクレル以下だったことから、

その証明書とともに、直売所に出荷したこと。

またそうした証明書があったことから、

直売所側も許可してしまったということです。


一番の問題は、出荷再開に向けて、

一段一段準備を重ねてきたほとんどの生産者の方の努力に対して、

全く反対の印象を、国や県に与えてしまう事です。

また新聞報道を見た人から、

君津の農業や生産者に対する信用を、

うしなわせる可能性があること。

市役所も農業関係機関も

緊張感を持って、着実に出荷再開をあらためて目指していただきたい。


ただ、この場で多くの方に知っていただきたいのは、

図らずも、その間違って出荷されたシイタケでさえ、

100ベクレルの基準以下であったこと。

みなさんも、

君津の美味しいシイタケの再出発を、

願っていただければと思います。





さて、

先日、素敵な本が届きました。

DSCF4795.jpg


村上龍男著「クラゲに取り憑かれた水族館 群れ泳ぐクラゲ」


山形県の日本海側鶴岡市にある

加茂(かも)水族館の館長、村上龍男さんからでした。


テレビの生中継やドキュメンタリー番組でも取り上げられる

加茂水族館は、クラゲ世界一の水族館で、

多くの観光客で賑わっています。



予算が限られた中で、職員をあげてクラゲに特化し、

それが奇跡の復活劇となりました。


ノーベル賞の下村博士との交流でも知られています。



暗い中で様々な種類の、また発光するクラゲをゆっくり鑑賞する

クラゲ専用スペース、

「クラネタリウム」は必見でした。

癒されるんです。


現在は世界最大のクラゲ水槽を作るべく、

6月のオープンをめざし準備をしています。


村上さんとは庄内竿という江戸時代から続く竹竿や

それを使った釣りを旅番組の中で取り上げさせていただき、

今でも交流が続いています。


サラリーマンを辞めるときや

その後もなんども励ましていただきました。



新しい水族館と今回の本、

ぜひ見てみてくださいね。

山形県にある世界一のクラゲ水族館☆





続いては

先日新聞に入っていたチラシはご覧になりましたか?


DSCF5323.jpg


ついに2月に君津市民待望の産婦人科

ファミール産院 さんがオープンします。


君津市では塚本産婦人科も産科をやめてしまい、

隣りの富津でも熊切産婦人科が産科をやめてしまったので、

本当にみんな困っていました。

特に出産は不安なことも多いですもんね。

だから「待望」なんです!


貞元から小糸に向かう道路沿いと、

127号の郡こおり地区に看板が出ていますが、

その郡地区のローソンを曲がってちょっと行くと、

見えてきます。

今はこんな感じ。

DSCF5400.jpg


建設中は↓
DSCF4786.jpg


ホームページもついに完成したようで、

見てみると、

出産にかける思いも書いてあります。



また出産と関係ない人にも、

更年期の諸症状の改善に

取り組むことなども書いてあります。


ぜひ見てみてくださいね☆
君津市の新しい産婦人科「ファミール産院」!





さて、政治家としての今年の目標を言いますと、

「他人の悪口を言わないこと」

です。


ここまで書いてきたように、

僕は多くすばらしい人に助けられ、

そして、このまちを少しでも良くしたいと思って志を立てて、

市議会議員に皆さんのおかげでなり、


活動してきました。


その中で、一般社会と一番違うのは、

とにかく他人のことをめちゃくちゃに言う政治文化です。


一応、政策科学を専攻したので、分析しますと、


君津市で市議会議員を決める選挙に投票に行く人はおよそ4万3千人です。


過去の君津市議会議員選挙のデータ


すごいくだけた書き方をしますが、

24人が定数ですが、数人が落ちる選挙になります。

当選するのに必要な票数はおよそ1000人。

少なそうに感じる方がいるかもしれませんが、

これがなかなか大変です。



というのも、投票はひとり一票しかできないので、

一人の名前しか書くことはできないんです。


というわけで、

この24人の中で、

「自分が一番(すごい)!」ということを伝えないと、

自分を選んで投票してもらえません。

なかなか厳しい選挙です。


で、候補者がとる行動は2種類あります。


①自分はすごいと伝えること

②他の人はすごくないと伝えること


です。


例えば市長選挙などであれば、

候補者はだいたいが2、3人です。

市民の気分としても、

どれがいいか比べよう、という風になりやすく、

こんな街にしたい、ということを

候補者の方もよく語るようになります。






で、市議会の選挙でも、

本来なら政策競争を競ってもらうのが、

市民にとっては良いのですが、


財政難で、市役所の予算がどんどん少なくなっているため、

なかなか大きなプロジェクトはできないことがあります。


また、それを伝えるのも大変ですよね。


で、選んでいるのが②なのです。


A議員は○○だ、

B議員はこんな悪いことをしていた、

C議員の性格はこんなに悪い、

・・・・
・・・・(エンドレスに続く)

それをひたすら、自分の知り合いに言い続けるという、


なぞの政治文化が君津市にはあるようです。



こうした話はもちろん事実のこともあるのでしょうが、

ほとんどは事実かどうか確かめようがありません。


さらにこの傾向は、

対象とする有権者の属性(どういう気持ちを持った有権者の方たちか)

が似ているほど強まる傾向があります。


例えば、

同じ地区にライバルとする議員が複数いる場合、


同じような年齢の場合


一般的にこういう場合は、

さらに過激な言い合いになります。



分析としては選挙が厳しいのだからしかたない、

そういう側面もありますが、


問題は、

このような後ろ向きな政治文化が君津市にあるから、

改革がなかなか進まないことです。



「改革」とはあいまいなことじゃなくて、

・税収がこれだけ減ったのだから、
 お金のある時代につくられた
 市役所のお金と人の使い方、効率的にしましょうよ。

・自治体同士が競争しているんだから、
 知恵や投資をしてどんどんまちを発展させましょうよ。


そういうことですね。


10年ほど前から多くの進んだ自治体では行っていて、

君津市ではなかなか進まないことです。


袖ケ浦でもついに大胆な行政改革を始めましたね。



議員が

地域や選挙でつぶしあっている間に、

他の自治体から先を越され、

金がどんどんなくなる、

にっちもさっちも行かなくなる。


そういう構図です。


というわけで、小さなことからコツコツと。


下田けんごは、

他人の悪口をいわないことから始めます。


みなさんも、

悪口を言っている人に出会ったら、

そういう「事情」も理解しつつ、

まちの未来を考えていただければと思います。




さて、

僕は市議会議員の選挙で、


・君津市役所は

東日本大震災が起こったのにもかかわらず、
 
災害の時に市役所がどう動くか定めた、

 「地域防災計画」が一度も見直していない、

市民の命を守るために、

 それを見直すべきだ!
と公約の一番目に掲げました。


3年目になりますが、やっと形になりました。

改正案ができたので、

市民のコメントを求めてますので


お気軽に、ぜひお願いします。



君津市の新しい防災計画の案ができました、チェックをお願いします!


個人的には

・国が新たに出した関東大震災モデルの扱いと、


・あんなにボロボロの市役所で災害対策本部はちゃんと運営できるか、


・避難所の集団生活をいやがって自宅に残ると決めた市民をどう扱うか、


・今後の新たな知見や情報に合わせた見直し方



などについて研究を進めています。


なにかご意見ありましたら、ぜひ教えてくださいね。



新年早々、長くなりました。

読んでいただきありがとうございました。


※下田けんごの新聞折り込みチラシは
1月下旬を目指して準備しています







下田けんご
プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!

昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

歴史秘話ヒストリア
有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
あさイチ
私も一言・夕方ニュース
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR