FC2ブログ

鈴木ひろくに君津市長の「密約」を読売新聞も報道!。八重原幼稚園運動会☆公民館の勉強会☆周南地区懇談会☆たびだちの村運動会☆放射線量の走行調査☆チラシも大公開!

暑い日が続いていますが、

水分を取って、からだを大事にしてくださいね。

朝日新聞に引き続いて、

きょう7月25日の読売新聞が

鈴木ひろくに君津市長の随意契約の「密約」について報道しました。


平成26年7月25日読売新聞


ほんとうに恥ずかしいことです。


↓7月19日朝日新聞朝刊のスクープ

7月19日朝日新聞小



10月に3回目の市長選挙をする、

鈴木ひろくに市長。

市内各所に看板もたち始めました。

DSCF6098.jpg



その鈴木市長が、市民に内緒で、

特定の業者を使い続けると、

「密約」を交わしていたという内容です。



ゴミ収集事業については、

1度も入札さえしない、

随意契約という、

特定の会社だけを使うという問題が指摘されてきました。


君津市の場合、迷惑施設であるごみ焼却場を建てるために、

その地元である三直(みのう)地区の地元業者を使い始めたのが

スタートの経緯です。


しかし

今高速の入り口の君津インターから見えるあの煙突からは

何の煙も出ていません。



というのも、その後

木更津など4市と新日鐵で

木更津市にKCSかずさクリーンシステムという

共同の焼却施設をつくったので、

もう10年近く、何も燃やしていないのです。


にもかかわらず30年以上そういう契約を続けたことで、

その地元業者にはなんと

市民の税金60億円以上

が支払われました。



わたしたち議会からは、

決算委員会や予算委員会、本会議などで、

・当初、地元を使った判断は間違っていないし、
 施設を受け入れていただいた地元にも感謝する。

・しかし30年以上という期間と
 50億円以上を支払うのは異常だ

・入札をしない随意契約をなるべくしないように
 国の指導もある。

・入札をしないため、高額になっている部分は
 市民の税金で負担していただいている。

・さらにかつての清掃工場では
 焼却しなくなり、10年近くがたっている。

・早急に見直すべきだ。


という指摘を一人ではなく

多くのほとんどの議員がしてきました。


当然です。

議会は業者の代表ではなく、市民の代表です。


そしてそのことは読売新聞がスクープし、

全国に報道しました。

讀賣6月1日記事小


君津市の恥なのです。

讀賣6月1日記事


それなのに、市長が勝手に、

市民も議会も知らない間に、

業者にこれからも使い続けます、

そんな文書を交わしていたというのです。



市役所の内部的にも

職員は入札の方向で準備してきたと聞いています。



それを市長がひっくりかえす、

それは許されることではありません。

新聞記事には君津市長の公印が押されています。

こんな業者との密約のために

この判子が使われる、あってはならないことです。


歴代の鈴木市長の父である鈴木俊一市長も

白石市長も、若月市長も、三浦公明市長も、

たった1度もそんなことはしませんでした。


この記事を読んだ方、多くの方に知らせて下さい。

私たちも厳しく追及していきます。




実は、この報道を紹介してから、

「市長は良い人だから、批判するな」

という内容の指摘を受けています。


市長が笑顔を絶やさない人なのは認めますが、

そういう問題ではないと思います。

また、ある人からは、

「この問題につっこむということは、どういうことかわかっているね・・・」

という、「忠告」も受けました。

もしかしたら、なにかやられるかもしれません。



でも、考えてみて下さい。

例えば、ほかのことで考えてみましょう。

市役所のホームページの作成と管理を委託しようとして、

担当者が入札の準備をしていたら、

「向こう5年Aという業者を使うよう努力します」という

市長の文書が出てきたので、入札を取りやめた、

そんなことがあったら、問題ですよね?



あるいは民間の立場でも、

例えば、ある事業がなるべく良くて安くなるように、

担当者が知恵を絞っていたのに、

社長と業者とのつながりで、決まってしまった。

それもおかしいですよね。


それが今回の場合、

市民から頂いた大切な税金の使い方であること、


また、

30年以上、60億円という度を過ぎているから、

見直すべきだというのは、そんなにおかしいことでしょうか。

これからも市民の立場にたって、やっていきます。



7月22日火曜日に新聞に折り込みチラシを入れました。

ほんのちょっとでも良いので、みてもらえたらうれしいです!

おもて↓

140722チラシおもて


うら↓

170722チラシうら



つづいては母校の君津学園の系列である、

清和大学付属八重原幼稚園の運動会に行ってきました。

DSCF6078.jpg


真板益夫園長先生は元気にあいさつしておられました。

前日は大雨で延期となりましたが、

みんなの元気な様子が見れました☆




続いて、いま中央公民館の50周年事業として行われている

公民館の健康診断、という勉強会に参加させていただきました。

DSCF6070.jpg


公民館の現場で長年活躍されてきた新井さんが講師でした。

子育ての支援をしてきた家庭教育学級の経験者の方など、

自分の人生に公民館がどれほど大きな影響を与えたのか、

たくさんの人があつく語っていました。

そういう歴史があったのですね。




続いては、

周南地区の行政懇談会に参加しました。

これは初めての取り組みで、

地元選出の議員と、自治会長が集まって、

困っていることや、

これから進めていきたいことなどについて意見交換をしました。

DSCF6079.jpg


自治会長のみなさんからは

空き家空き地対策、

または館山道の下の電灯の管理、

道路整備などについて要望がありました。


議員からは、命を守るために、

ぜひその核となる、自主防災組織をつくってほしい、とお願いしました。

そのご要望書も提出したと聞いています。

今後も貴重な機会として、活用していただければと思います。


個人的にも、自治会や団体の会議など、

声をかけていただければ、いつでもいきますので、

お気軽にお願いします。



つづいては内箕輪運動公園で行われた

障がい者施設のたびだちの村の運動会にいきました。

DSCF6072.jpg


みなさん生き生きとしていて、

ぼくもエネルギーをもらいました。



最後は福島第1原発事故のあとはじまった、

君津市の放射線量の測定についてです。

君津市では学校や保育園、公民館、公園など、

市の管理する施設の空間放射線量を定期的に測定しています。

また心配する市民の方を無料で訪問して、

心配な部分も放射線量を測定しています。

いずれも、問題となる値は出ていません。


市民の方からこうした関連の質問を取り次いだところ、

職員の方が、この取り組みを見てほしい、と誘ってくれました。

それは走行サーベイ(調査)というものです。

DSCF6085.jpg

ここは市役所2階の環境保全課。

職員の方が見ているのはパソコンです。

DSCF6095.jpg


画面には地図と青い色の線が引かれています。

測定する機械を車に積んで走らせると、

そのデータがリアルタイムでパソコン上に記録されるのです。


実際に車も見せてもらいました。

こちらが、測定している車、普通の公用車です。

DSCF6090.jpg


その後ろに機械があります。

DSCF6091.jpg


これは国から借りたものだそうです。

DSCF6093.jpg


ふたを開けてみると、

二つの機械があります。


一つは放射線量の測定をするもの、

もうひとつはその線量をデータとして送信するものです。


なので上にはアンテナみたいになっているんですね。


送られてきたデータが、地図に色で反映されます。

DSCF6089.jpg


この青い色は非常に低い値ということになります。

DSCF6096.jpg


というわけで、職員による地道な調査が行われていました。

市民の安心安全を守りたいという思いで、

一生懸命やられていました。


先が見えない原発事故の収束ですが、

すくなくとも君津市では、

市民の不安に寄りそって、

ていねいな仕事が行われていると感じました。




最後に報告会のお知らせです。


報告会写真


6月議会や市役所について、

むずかしい言葉を使わずに、

わかりやすく解説します。

入場無料です。

今回もたくさんの場所でやります。

お住まいの地区でなくてもよいので、

ぜひお越しください☆

日程は

8月4日(月)清和公民館 午後2時~


8月5日(火)貞元コミュニティセンター 午後2時~


8月6日(水)小糸公民館 午後2時~


8月7日(木)八重原公民館 午後2時~


8月8日(金)上総地域交流センター(久留里駅よこ) 午後2時~


8月9日(土) 生涯学習交流センター(君津市役所よこ) 午後2時~


8月10日(日)周南(すなみ)公民館 午後2時~





服装も自由で、

途中の入退室自由です!

気軽にお越し下さい!



下田けんご

朝日新聞が鈴木ひろくに君津市長と業者との「密約」をスクープ!&きみつ少年少女合唱団が保育園コンサート☆報告会は8月4~10日☆

今朝7月19日は涼しい朝ですが、

新聞を開くと君津市についての大きな記事が出ていて、

動揺しています。


↓7月19日朝日新聞朝刊のスクープ

7月19日朝日新聞小



10月に3回目の市長選挙をする、

鈴木ひろくに市長ですが、

市長議場


その鈴木市長が、市民に内緒で、

特定の業者を使い続けると、

「密約」を交わしていたという内容です。



ゴミ収集事業については、

1度も入札さえしない、

随意契約という、

特定の会社だけを使うという問題が指摘されてきました。


君津市の場合、迷惑施設であるごみ焼却場を建てるために、

その地元である三直(みのう)地区の地元業者を使い始めたのが

スタートの経緯です。


しかし

今高速の入り口の君津インターから見えるあの煙突からは

何の煙も出ていません。



というのも、その後

木更津など4市と新日鐵で

木更津市にKCSかずさクリーンシステムという

共同の焼却施設をつくったので、

もう10年近く、何も燃やしていないのです。


にもかかわらず30年以上そういう契約を続けたことで、

その地元業者にはなんと

市民の税金50億円以上

が支払われました。



わたしたち議会からは、

決算委員会や予算委員会、本会議などで、

・当初、地元を使った判断は間違っていないし、
 施設を受け入れていただいた地元にも感謝する。

・しかし30年以上という期間と
 50億円以上を支払うのは異常だ

・入札をしない随意契約をなるべくしないように
 国の指導もある。

・入札をしないため、高額になっている部分は
 市民の税金で負担していただいている。

・さらにかつての清掃工場では
 焼却しなくなり、10年近くがたっている。

・早急に見直すべきだ。


という指摘を一人ではなく

多くのほとんどの議員がしてきました。


当然です。

議会は業者の代表ではなく、市民の代表です。


そしてそのことは読売新聞がスクープし、

全国に報道しました。

讀賣6月1日記事小


君津市の恥なのです。

讀賣6月1日記事


それなのに、市長が勝手に、

市民の知らない間に、

議会の知らない間に


業者にこれからもずっと使い続けます、

そんな文書を交わしていたというのです。



市役所の内部的にも

職員は入札の方向で準備してきたと聞いています。



それを市長がひっくりかえす、

それは許されることではありません。

新聞記事には君津市長の公印が押されています。

こんな業者との密約のために

この判子が使われる、あってはならないことです。


歴代の鈴木市長の父である鈴木俊一市長も

白石市長も、若月市長も、三浦公明市長も、

たった1度もそんなことはしませんでした。


議会を軽視するのはいい加減にしてほしい。

市民を軽視するのはいい加減にしてほしい。

7月19日朝日新聞


↑今朝7月19日の朝日新聞朝刊


この記事を読んだ方、多くの方に知らせて下さい。

私たちも厳しく追及していきます。





さて、鈴木市長の件はあまりにひどい話題なので、

別の話題を。




海外公演や被災地での公演などもしている、

日本レベルの合唱団がきみつ少年少女合唱団です。

君津市の自慢であり宝です。

小学生から高校生のメンバーですが、


その合唱団があらたな取り組みとして、

保育園でミニコンサートを開きました。


きみつ少年少女合唱団



硬い話としては、

君津市の保育園は公立がほとんどで、

私立と違って、運営費の補助がないので、

どうしても、イベントや楽器のお金など、

芸術予算が少ないのです。


でも小さい子どもに、

DVDもテレビも良いのがたくさんありますが、


目の前でほんものを見せたい、

と思いますよね。

というわけで今回のコンサートが実現しました。





保育園のこどもたちは

目をぱちくりさせながら、手拍子したり、おどったり。


本当に素晴らしい表情でした。

本物の芸術を

自分の目で見て、耳で聞いて、感じる、

こんなに素晴らしいことはないですよね。



コンサート実現にあたっては、

夏休み直前、終業式がおわったばかりに

駆けつけてくれた合唱団のこどもたちをはじめ、


合唱団の石川先生、伊藤先生、

市役所文化振興課の職員の皆さん、

保育園の園長、先生方の

こどもを思う皆様のボランティアでの

ご協力があったそうです。


本当にありがとうございました。


小学1年生から団員も新しく募集しているそうなので、

ご興味のある方は市役所文化振興課までお問い合わせくださいね。


会費は月に2千円だそうです。

練習は厳しいと思いますが、

必ず素晴らしい体験になると思います。

よろしくお願いします。


最後に報告会のお知らせです。


報告会写真


6月議会や市役所について、

むずかしい言葉を使わずに、

わかりやすく解説します。

入場無料です。

今回もたくさんの場所でやります。

お住まいの地区でなくてもよいので、

ぜひお越しください☆

日程は

8月4日(月)清和公民館 午後2時~


8月5日(火)貞元コミュニティセンター 午後2時~


8月6日(水)小糸公民館 午後2時~


8月7日(木)八重原公民館 午後2時~


8月8日(金)上総地域交流センター(久留里駅よこ) 午後2時~


8月9日(土) 生涯学習交流センター(君津市役所よこ) 午後2時~


8月10日(日)周南(すなみ)公民館 午後2時~





服装も自由で、

途中の入退室自由です!

気軽にお越し下さい!

また

来週火曜日22日の
新聞朝刊に


市政報告

も折り込まれますので、


ぜひご覧ください。




下田けんご

君津市の保育園がなぜそんなに問題なのかを解説します☆ナルクかずさ総会☆

こんにちは!

6月議会が終わったものの、

そこからは怒涛のイベントラッシュで、

ちょっとたいへんでございます。

でもがんばります!


さて、まずはNPOナルクかずさの総会に行ってきました。

ナルクは元気なうちにボランティアしたポイントを

ためておいて、

将来、からだが不自由になったりした時に、

また新たな会員さんに手助けしてもらう組織です。

具体的には家の掃除や草刈り、ひっこし、

電球の交換など、本当に皆さん助け合っています。

ナルクかずさの紹介

その総会がありました。

市外からも多くの来賓が来られていました。

DSCF5879.jpg

あいさつは元君津市議の宮崎会長。
勇退されて顧問になりました。

DSCF5907.jpg


こちらが新会長の芦刈さんです。

今後とも会員のためによろしくお願いします。


真面目な総会の後はさまざまな演芸の披露会になります。

歌、ダンス、カラオケなど盛りだくさんです。

DSCF5894.jpg

DSCF5898.jpg

DSCF5891.jpg

DSCF5890_20140708113206368.jpg

DSCF5889.jpg

DSCF5881.jpg

DSCF5900.jpg

DSCF5903.jpg

DSCF5904.jpg

DSCF5880.jpg


会場の周西公民館には、

ナルクの仲間が作った、

盆栽、

パソコン作品、

陶器、絵画なども

飾られていました。

みなさんとっても上手ですね!
DSCF5888.jpg


DSCF5884.jpg


DSCF5885.jpg


DSCF5887.jpg


DSCF5883.jpg


DSCF5886.jpg


最後はみんなで歌って踊って、

ぶじに終わりになりました。

DSCF5895.jpg





さて、次は君津市の保育園の問題です。

朝日新聞の関連記事
ツイッター朝日新聞


千葉日報の記事
ツイッター千葉日報



全国紙に取り上げられ、

君津市の耐震化がいかに遅れているのか、

つまり、子どもの命を守ろうとしてこなかったのか、

そのあたりを詳しく見ていきます。


まず市長の答弁で君津市が県内最低の耐震化率、

21パーセントであることがわかりました。

ここからは一問一答の2次質問の内容を

解説していきます。

というのも議事録は2か月先の公開、

インターネット録画公開もなし、が君津市なので、

※議員23人過半数の賛成がないと実現できません。

手元のメモをもとに再現します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

質問風景


下田けんご)

答弁は非常に厳しい保育園の状態を表しています。

まずは耐震診断をする必要もないほど、建て替えなければもたない

そう、建築士によって判断されているのが、

亀山、松丘のあけぼの、周南の宮下と常代、

貞元の上湯江の5つの保育園だとわかりました。


そして比較的ダメージが小さく、

耐震補強でなんとかなると判断されたのが、

小糸の中保育園と久保保育園だということがわかりました。

それは平成20年の話です。



そして今どうなっているかは驚くべき数字です。

耐震診断を実施した率は二十五パーセント、

実際に安全にしたかどうかの、

耐震化率は二十一.四パーセント


小中学校の耐震化率が7割という事で君津市は遅れを指摘されましたが、

それ以上に深刻な事態です。

どうしてこういうことが起きたのでしょうか。


宮下保育園の外れた柱の答弁。

保育園の柱


もしかしたら、ここにいるいらっしゃるみなさんは、

外れたものを補修した、他のも直すと言っているから、大丈夫なのだ、

と安心された方がいらっしゃるかも知れません。

でもそれは間違いです。



次の写真を見ていただきたい。

答弁にもあったように折れた柱は直されました。

それで安全になったとおもうでしょうが、

これがその隣の柱、そして隣の隣の柱の写真です。

柱②


片方がビニールテープのようなもので巻いてあります。

柱③


もう一方は腐ってしまって、反対側が見えるほど空洞になっています。

これに対して、順次補修するから大丈夫というのが答弁なのです。


この写真をみてみなさんもそう思いますか?


そのテラスの横にあるのが、赤ちゃんと1歳児が入る乳児室です。

ここでは、自分で歩くことができない、

寝ている、またはハイハイする赤ちゃんが過ごしています。

ではこの部屋は地震でも大丈夫なのか、確認していきます。


Qこの部屋には何人の子どもと保育士が過ごしていますか?


担当部長 A ゼロ歳1人 1歳9人 保育士3人である 


Q大地震が起きたら、どのように行動するとなっていますか?

担当部長  揺れが収まるまで待ち園庭に避難する


下田けんご)

まさに、園庭、園の庭。

乳児室から、園庭に出るまでのあいだにあるのが、

さきほどのテラスなんです。

柱①


あの柱で地震に耐えられるでしょうか。

閉じ込められる可能性が高い。

それは次のような理由からです。 



Q君津市は東日本大震災の後に、

君津市で起こる、備えるべき地震の想定を新たに作りました。

新しい防災計画に載っています。

被害の想定などもしています。

総務部、地震とその倒壊する建物の数を教えて下さい。


総務部長 A 6強 倒壊家屋が3500と想定されている。 


下田けんごQではその3500の倒壊する建物に、

この赤ちゃんが寝ている部屋は

倒壊する建物に入らないのでしょうか?


木造住宅の耐震診断などを所管する建設部に、

事前に知らせてありますので、

宮下保育園の耐震性についてコメントをいただきたい。


建設部長 A 古いため、、安全とはいえない



下田けんご)

どうして安全ではないのか、子どもたちの命を守る必要がないのか。


Qせめて自力で避難が難しい、

ゼロ歳児、1歳児がいる乳児室の

耐震補強などを行っている自治体も多い。

なぜしていないのか?


担当部長 A 建物自体が古く、耐震補強では難しいと考えた。


下田けんご)

Q耐震診断をしたうえで、

耐震補強していない現状のままで、

地震などによって建物が倒壊し、

多数のけが人や亡くなる人が出た場合に

行政の不作為で訴えられ、

責任を問われる可能性がないと言えるのか。お聞きする。



総務部長 A 可能性はある



下田けんご)

Qもうひとつ。保育士さんたちの命も危ない。

亡くなった場合にご家族から、

耐震性がないとわかっていたのに、

耐震補強や建て替えをしてないこと、

で建物が倒壊した点について、

責任を追及される可能性はゼロかお聞きします。


総務部長 A 可能性はゼロではない


下田けんご)

保育士のみなさんだってここにいるみなさんの、

市役所の同じ職員、

仲間でしょう。

どうして、安全な建物にして、守ろうとしないのでしょうか。

DSCF0200.jpg


Qそもそも、保育園の建て替えがどうしてこんなに遅いのか。


担当部長A

市立保育園の補助金は

平成18年国の一般財源化に伴い廃止された。

市独自の財源を確保しなければならないが、

本市は鉄鋼関連企業の進出に伴い、

同時期に市立保育園を各地に作ったため、数が多い。

そのため、簡単にはすすまない。


下田けんご)

Q全ての保育園を建て替え、耐震補強するのに、どれくらいの予算を推計するか。


担当部長 A 統合したとして、20億円


下田けんご)

ここで市立保育園が多いこと、

国や県の補助がなくなったこと、

が君津市の事情だということがわかった。

しかしその国や県の補助がなくなったのは

もう8年も前のことです。

まさに鈴木市長あなたが当選なされた時です。


それに対して、市役所ができることは、

統合して建替えていくこと、

また一部は、

市立ではなく社会福祉法人に来てやってもらう、

という選択です。

社会福祉法人が建てるのであれば、

建設費にも、運営費にも国と県の補助があります。



Qこうしたことについて、

鈴木市長から具体的な指示がありましたか、

保健福祉部長にお聞きします。


担当部長 A・具体的な指示なし


下田けんご)

Q指示がないのです。

そういう中、最近突然出てきたのが、

久保保育園を建て替えるということでした。


しかしみなさん最初の答弁を思い出してください。

緊急性が高い順に、

建て替えるべき保育園は

松丘のあけぼのと亀山、

周南の宮下、常代、貞元地区の上湯江の5つでした。


久保と中保育園は

少しは耐震性があり、

耐震補強ですむ、

建て替えなくていいという判断でした。

だから耐震診断をしたのですよね。


それなのに久保保育園を優先してとりかかる理由は何ですか?


担当部長 A 耐震診断の結果、耐震性がないことが分かったので急ぎたい。


下田けんご)

Q言っていることが矛盾しています。

たまたま耐震補強するはずで、

耐震診断したら、

悪かったから直す。


では最初の段階でもう耐震補強さえできないとされた、


宮下、常代、保育園、上湯江保育園はどうなるんですか。


耐震診断したら、

久保保育園よりも悪い結果が出るのではないでしょうか。


ここで忘れてはいけないのが、小糸地区の中保育園です。

耐震補強で良いとされながら、その予算を財政はつけていません。


また財政部がそれに協力しなかったことがわかりました。


財政部は松丘、亀山と周南の保育園の統合建てかえ、

また中、久保の耐震補強していくという方針を決めた


委員会にメンバーとして入っていましたか、

入っていませんか。

端的にお答えください。


財政部長 A 入っていた。


下田けんご)

入っていたにもかかわらず、

財政が厳しいから、

もっとちゃんとした計画を出せ、などと指摘して、

子どもたちの命を守ろうとする動きに協力しないのが、

今の財政部の姿勢なのです。
 


確かに保健福祉部のこれまでの姿勢は反省すべきです。


ただ、財政難をもたらした

財政運営上の責任は財政部にもあるはずです。


さらには、保育園を立て直すための検討委員会で

一緒に報告書まで作っておきながら

協力しない財政部の姿勢は

市民から到底理解されるものではありません。


それぞれの担当部が全く責任を果たしていないではないですか。


こうした状況になったひとつの原因がわかってきました。

保育園の状況に対して、鈴木市長の何の指示もないからなんです。

社会福祉法人を呼んでくるにしろ、

今ある保育園を統合するにしろ、

そんなことを、職員が勝手に判断してできますか。

できるわけがありません。


乳児室だけでも耐震補強しろ、

統合を何年で進めろ、

社会福祉法人の公募やれというのは、

市長のリーダーシップが絶対に必要なんです。



では、それが市長にとって

とてつもなく難しく、

厳しいハードルなのでしょうか。


だから、できなかったのか。


そうじゃないんです。


となりの、木更津市長が

「市立保育園民営化計画」を作ったのは

8年前の、平成18年4月です。



富津市長が保育園の民営化の指示を出したのは

12年前の、平成14年。


袖ケ浦市長も、保育園を公募しました。


君津市だけなんです、

君津市だけが、

保育園をそのままにしてきたんです。




Q保育園を統合や社会福祉法人にお願いすることについて

具体的に鈴木市長はどういう考えを持っていますか?


市長議場


鈴木ひろくに市長 A いろいろうかがえば、なるほどなと思います。





下田けんご)

市長が指示を出していないのに、

勝手に職員が進める事はできないです。

そもそも、保育園をどうしていったらいいのか、

政策判断をするために、

市長は現状を理解しているのかという点もあります。



市長は今回の柱が取れてしまった、宮下保育園見に行ったことがあるか。



鈴木ひろくに市長 A 今回写真で初めて見た。



下田けんご)

現場も見に行かないでどうやって、

民営化すべきだとか、

どれくらいのペースで建替えるのか指示が出せるのか。


教育委員会は、小中学校の耐震化について。


方針を作る、予算をつける、人をつける、

だから年間10本以上にもなる耐震化を実現してきました。


保育園の耐震化に対して、鈴木市長がそうした指示を出されたでしょうか。

出していないのに

職員が民営化を決めたり、

11園の計画を立て進められるはずがないではありませんか。

政策的な判断もしない、

さらには人員の増強などもしない、

鈴木市長はいったい保育園をどうしたいのでしょう、

子どもたちをどうやって守るのでしょうか。


さらに言えば、

鈴木市長、保育園の予算を見たことがありますか、

待機児童も、

遅い時間までこどもを預けなくてはならない、

働く親たちは増えているのです。


その結果どうなったか、

正職員の保育士の勤務は

休みも満足に取れない状態なんです。


また多くのパートの保育士さんをお願いして、

彼女たちにも無理を強いている。

その予算も莫大になっています。

一方で、山間部の定員は多く空いています。

今、統合をすすめ、

民間保育園の公募を進める事は、

こうした事の改善にもつながるのです。


確かに職員が考え、

提案した方が良い場合もあるでしょう。



全てのことについて、

市長の指示がなければいけないとは私も考えません。


しかし、

保育園の統合や

さきほどの学校の統合などは

職員だけでは絶対にできません。

なぜか、

それは市役所の外にも中にも反対があるからです。


しかし子どもの未来のために必要なんだ、

子どもの命を守るんだと、

先頭に立って、説得し、実行していく、

それは政治家にしかできないのではないですか。

私は、これまで保育園の着実な建替えに協力してきましたが変わりました。

保育園の、この柱を見てしまいました。

これを見て、何も思わないのなら、

自分が政治家である意味はないと考えました。


今回写真を見せたのは宮下保育園だけでしたが、

同じように市内の保育園は古いんです。


その古い保育園では、部長の答弁にもありましたが、

月に1回という非常に頻繁に、避難訓練をしています。

その様子を見たことがありますか?


本当にこどもたちは一生懸命しています。

毎月ですよ。

ここにいる幹部の方々にも見てもらいたい。



それなのに、

財政が苦しいとか、

民営化はハードルが高いとか、


そんな理由で

これまで保育園の耐震化を


先送りしてきたのです。



特に鈴木市長、


こどもたちはどう頑張っても、


保育園を安全にすることはできないんです。


私たちが真剣になって、

対策を実施することが求められています。


もはや先送りはできないんです。




亀山との統合にしろ、

周南の統合にしろ、

議会は協力してきました。


地元に残せ、とにかくあればいいんだ、


などという事を言う議員は一人もいませんでした。


それはこどもの命を守るのは最優先だと考えたから、

ここにいる議員はひとりも反対しなかったのです。


こうしたことに向き合わない

あと4年間は私は考えられません。


先送りを止めていただきたい。


以下のことを鈴木市長に具体的に求めます。


少なくとも、保育園の自分で避難することができない、

乳児がいる乳児室について、全て耐震補強する事。


児童家庭課に耐震化係を作り、人員を増やし

できるだけ早いペースで耐震化を実行する事。


待機児童解消のため、

社会福祉法人による新設保育園を公募すること、


耐震診断もしていない、耐震補強もしていないと
全国に発表された、
市立周西幼稚園について、
スペースのある人見保育園との合築・併設について、具体的に検討する事。


市立保育園の統合・耐震化のスケジュールを公表する事、

以上具体的に求めます。

今こそ、鈴木市長が、こどもたちの命を守ると決断する時です。

あすから市長がどんな指示を出すのか市民と共に見つめています。


質問を終わります。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

わたしたち市民が、すばらしいと、

無投票までして、

8年も支持しつづけている市長が

こんな感じなのです。

ぜひ市民のみなさんに考えていただきたいです。

下田けんご

プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!

昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

歴史秘話ヒストリア
有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
あさイチ
私も一言・夕方ニュース
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR