FC2ブログ

まもなく3月議会個人質問☆&12月の議会詳しく解説「障がい者政策」

先週の金曜日に3月議会が開幕しました。
今日の夕方に個人質問の通告をしてきました。

今回は鈴木市長の施政方針演説もありましたし、
25年度予算案もありますので、熱い日々が続きます。

さて、市役所の公式ホームページに
議事録が公開されたのを確認したので、
項目ごとに解説していきたいと思います。

まずは前文
なるべく最近起きたことの中から、
議員の方や職員、市民に伝えたいこと、
ニュース性とメッセージを大切にしたいと書いています。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
△再開宣告 午後2時30分

○議長(小林喜久男君) 再開いたします。
 休憩前に引き続きまして、一般質問を行います。
 2番、下田剣吾君の発言を許します。
 下田剣吾君。
     (2番 下田剣吾君登壇)

gikai-syasin.jpg



◆2番(下田剣吾君) ただいま、小林喜久男議長に発言の許可をいただきましたので、

通告に従い質問させていただきます。議席番号2番、下田剣吾です。
 

質問は、大きなテーマである大綱6点、その中の項目である細目が9点です。

よろしくお願いいたします。
 

この議会には、職員人件費を削減する議案が執行部より提案されています。


私たちが議論する予算のほとんどは市民が一生懸命払った税金で賄われています。


そのことを忘れてはなりません。

また、職員の給料も、私たち議員の報酬も、

その立場ではなく、

その働きに支払われるのだという感覚も忘れてはいけないと思います。


市民が苦しいとき、将来のために我慢が必要なときには、それに協力すべきです。
 
 職員の働きといえば、市役所の中に新しい風が吹き始めています。

防災関係では、若い職員たちが動き始めました。


災害が起きたときに、各職場、
そしてそれぞれの職員は実際に何をするのか、

チェックシートを考案しました。

それがすべての職場に配られています。

初めての試みです。


また、先日小糸地区で行われた総合防災訓練では、

実践的な訓練にするために多くの工夫が盛り込まれました。

もちろん、地元小糸の方たちの協力があってこそですが、

その陰には、市民の命を守るために新しいことをしていこうという

職員の情熱がありました。


観光分野では、新しい課長を中心に、

あす12月1日、日本じゅうの鉄道ファンが注目する

久留里線の車両交代イベントを企画しました。

そのアイデアはテレビや新聞、

そしてインターネットに取り上げられ話題を呼んでいます。

また、私も議会で提案した被災地への職員派遣も実現しました。

市民環境部の若手だそうです。

ぜひ頑張っていただきたいと思います。
 

 市民は、まさにこうした市の職員という立場ではなくて、

市民のために情熱を傾け、

一生懸命仕事をする職員をいつでも求めています。


管理職の皆さん、この新しい流れをとめることなく、

こうした職員たちの努力を応援していただきたい。

そして、職員の皆さん、

まさにアイデアや思い入れを持って仕事をすることは

最もすばらしい瞬間です。

労働組合の一部の幹部の考えは、

もしかしたら、

いわゆる給料や待遇ばかりが話題になるのかもしれません。

しかし、改めて市民のために仕事をすることのすばらしさを信じていただきたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで

前文を引用しました。
空き地の問題が最初の質問でしたが、
それは最後に解説します。

最初は障がい者政策です。
ある市民の方からの相談を質問にしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて、障害者政策について聞きます。
 
私は、公約の一つとして障害者政策を掲げていますが、

調べるたびに知らないことが多いと感じています。


今回は、
若い世代が障害のある子供を介護すること

の難しさについて質問いたします。

私が話を聞いたある家族の話です。

夫婦は私と同じ30代、息子さんは生まれながらに難病を抱えていました。

しかし、けがなどに気をつけるということのほかは
外で元気に遊ぶ子供でした。

あるとき、病状が急に悪化しました。

そのまま重い障害を負い、

起き上がることができなくなり、

現在はベッドでの寝たきりの状態です。
 

私は、障害者年金などで十分な政策があると勘違いしていました。

その夫婦には確かに1万円ちょっとの手当はありますが、

お子さんを病院に連れていくために必要なスロープをレンタルすることはできません。

なぜなら、スロープのレンタルは

40歳以上が対象の介護保険でしか補助されないからです。

また、病院に連れていくためにベッドを乗せるように車を改造する費用も出ません。


現在の制度では、

車を運転する障害者本人が車を改造するときだけ補助されるんです。

スロープの購入におよそ40万円かかります。

本市の補助は5万円ちょっと。

30万円以上の自己負担があります。


障害者政策として十分なものがあるだろうという私の考えは間違っていました。
 

もう1点は、若い世代特有の負担の大きさについてです。


20歳以上の障害者は家族と世帯分離をしたり、

所得も少ないため自己負担はない場合もあります。

しかし、まさに私たちのような世代は、

子供が障害を持てば働きながら介護します。


すると所得があるとみなされ、

その自己負担は1割負担であっても生活に重くのしかかります。


また、介護保険と違い訪問サービスもほとんどありません。

きょうもその家では家族で交代しながら、


ベッドの隣で一晩じゅうつきっきりで介護しているんです。
 

質問です。


医療の進歩によってこうした子供たちがふえてくると思います。


障害がある子供への支援がもっと必要ではないですか。

また、その子を支える若い世代の負担を軽減する政策が必要だと思います。


見解をお聞きします。





◎保健福祉部長 自席よりご答弁申し上げます。
 大綱5、福祉施策について、


細目1、障害のある子供への支援についてお答えいたします。
 

障害のある子供が自立を目指し、


通院や通学等社会参加を促進するための支援については、

重要な課題であると認識しております。


本市では、障害児に対する福祉制度として、

障害児福祉手当の支給や医療費の助成、

紙おむつの給付、

移動入浴車の派遣などを実施して支援しております。
 

自動車改造費の助成については、

みずから自動車を運転する障害者が就労等で必要な場合に、

改造に要する経費を助成しております。


また、重度の障害児を家族が送迎する場合の支援としては、

自動車取得税や自動車税の減免制度がありますが、


ご家族の負担は大変なものと察しております。


なお、外出の際、

段差の解消に必要なスロープの購入については、


国の基準額に基づいて6万円を上限に助成しているものであります。
 

今後とも、さまざまな支援制度の周知を図りながら、


障害児を抱える若い世代の家族が地域で安心して暮らせるよう取り組んでまいります。



◆2番(下田剣吾君) 

再質問につきましては、質問席から行わせていただきます。

順不同になるかもしれませんが、よろしくお願いいたします。
 

まず、保健福祉部に関してなんですが、

ご家族の負担について察していただいたこと、

また障害のある子供のいる若い世代が


安心して暮らせるように取り組むという


前向きな答弁をいただきました。

もちろん、国の影響が多い政策分野ではありますが、


今後ともあきらめることなく

支援を充実させていただきたいと要望いたします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ここまで



福祉政策は全てを行政でまかなうことができないため、
どうしても定められた制度やサービスの限界があります。

市役所の業務としてもその限界があります。

また、そもそもの国の制度がある部分では時代遅れであったり、
ある部分では逆に細かい制約がありすぎたりする部分も大きいです。

様々な立場の障がい者にとって良い政策を作るためには、
そうした声をきちんと聞いてできることから政策化していくこと、
そして時間がかかることがわかっていても、あきらめないことだと思います。


今回は市役所が
家族の苦労に言及したこと、
また若い世代特有の課題を言及したことを評価します。

力不足ですみません。



下田けんご
 






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!





昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
検索フォーム
リンク
QRコード
QR