FC2ブログ

今回の議会質問全部解説は職員採用と障がい者政策の「年齢緩和」「木更津のぷれジョブ」「市役所の障がい者雇用」☆

おはようございます。

毎日さまざまな夏のイベントがありますね。

一般客が入れるのもたくさんあるので

もし時間があったら、あそびに行ってくださいね。


市役所行くと、こんな看板が、

DSCF4726.jpg
(エレベーター前とテレビの前のきみピョンがあるあたり、2つあります)

これまで市役所のロビーで

いろんな障がい者団体が、

野菜やてづくりパンなどを販売してきたのですが、


いつ販売するかがわからなかったので、

例えば、

「知ってれば、お昼ごはん食べてこなかったのに~」

という声もあり、広報のため看板が設置されました。



また、市としても、障がい者を応援しています!

という姿勢をみなさんに知っていただきたい、

そんな思いも込められています。


あとは障がい者を支援している方から、


自由に持ち込み・販売できるスペースがあれば、


という声も複数寄せられています。


というのも、

例えば野菜がたくさん収穫できたときや、

なにかモノが余った時などに、


寄付してくれる善意の方がたくさんいるそうなんですが、


それを販売する場所がないそうです。


曜日も決まっていたりすると、

生鮮品が難しくなります。



私としては、

もちろん福祉ショップのような店舗を作るのも1案ですが、


作った後に、人が来ない施設ではという課題もありますし、


建てるとなると、最初の費用が高くなります。


というわけで、

まずは、


人が必ず来る市役所のような施設に


「福祉フリマ・フリースペース」

という感じで、

気軽に福祉団体が持ち込める場所が

あればと、提案しています。


ただ、市役所1階はサークルの作品展示などもしていて、

あとは選挙の時に必ず不在者投票所になると、

ほとんどのスペースを使ってしまいます。

もう少し工夫が必要かも。



あと先日

君津警察署の前の保健福祉センターに行きました。


乳幼児健診とかするところですね。


置かれた雑誌の棚にめずらしい雑誌が。

DSCF4587.jpg


DSCF4589.jpg


この雑誌はココライフと言って、

障がい者のための情報誌です。

るるぶみたいなもの。


でも考えてみてください。

旅行雑誌、
ファッション誌、
グルメ誌など 

いろんな情報誌が世の中にありますが、

そこに出てくるモデルやリポーターって

みんな障がいがない人が基本ですよね。


ちなみに国際機関では

「人口の1パーセントは障がい者」

と言いますので、

君津市の人口9万とすると、

900人の障がい者とその家族がいるわけです。
(実際の数字は少し違います、
 でも身近に感じるための数字という事です)


というわけでこの雑誌では、

おしゃれなカフェや

ファッション、旅行の情報が載っていますが、

モデルさんすべてが障がいのある方なんです。


例えばバリアフリーであったり、

配慮されていることというのは、


だれにとっても快適ですよね。


だからなのか、

この雑誌超人気で、

発行されるとすぐなくなってしまうんです。


ぜひこちらでチェックしてみて下さいね。

心のバリアフリーをめざす情報誌Co-Co Life☆


なぜこの二つの話題かというと、

きょうの3月議会個人質問全部解説しますのテーマが

「障がい者政策」なんです笑。


公約の一つでもあります。


「障がいのある方が、
 働く場、充実できる場を作る」

というのが公約です。


選挙に出るときに、

大学生の時に勉強した障がい者雇用をと思ってまっさきに掲げましたが、

反応は厳しいものでした。


「障がい者の子どももいないくせに語るな!」

という関係者からの、

厳しいバッシングにあいました。


それもそうですよね。

今まで障がい者の分野に取り組んできた人はたくさんいるわけだし、

施設を作ったり、お金のかかることはすぐに実現できるわけじゃない。


また、障がいや障がい者をどれくらい理解しているのか!!

ということには、

「やはり経験が大事」ということもあると思います。


というわけで、もう少し絞って、

働きたい人には働く場所を、

障がいの重さで働かない人には充実できる場を、


少しずつ研究するという事で、調べて、質問、改善しようと思っています。



ただ、信念として、

まちの活性化とか、教育とかの政策を掲げるとして、

「言うな」とか「語るな」とは言われません。


当事者にしかわからないことはたくさんあります。

ただ、大きく理解を進めて、実際につなげていかなければ、

改善は難しい。


そういう意味では「語るな」という傾向には、

よわったなぁと困っています。

誰も何も言えなくなってしまう。


ぜひご指導、ご助言いただき、

またコミュニケーションを取ったうえで、

より大きな活動にしていけたらと思っています。


さてまず1問目は障がい者に限らない職員採用について。

今までなぜか30歳が年齢制限でした。

またどういう人材を採用するのかという方針が、

あまり感じられません。


市民の目線に立てば、同じ給料を払うなら、

よりやる気があって、優秀な人材を採用してほしい、と思いますよね?


しかーし。

もちろん採用については厳しいものの、

現在はこの不景気ですから

公務員になりたい!

という応募はたくさんあります。

なので工夫の必要性を感じないようでした。


民間ではまず取りたい人材を定めて、

学歴とか、経験とか、年齢制限を決めるはず。


というわけで、年齢の緩和を提案しました。



 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(下田けんご)

次に、市役所の職員採用について聞きます。
 

君津市は、事務職で30歳など、

他市に比べても厳しい採用の年齢制限をしています。


この時代に年齢で試験さえ受けさせないことは


人事政策として大きな間違いです。


他市よりも優秀でやる気のある人材を採用しなければ、


この厳しい時代に君津市が発展することはできません。


技術職はもとより、

事務系も含めた年齢制限の緩和を求めます。
 

関連し、例えば千葉市では、


専門試験のない行政職の採用を始めました。


これは公務員試験の勉強をしていない優秀な学生に


門戸を開くためです。


また、民間企業経験者の試験も充実しています。


さらには、採用説明会の開催、


ホームページでの

先輩職員紹介などの取り組みも話題を呼んでいます。


少しでも意欲ある、


能力ある人材を採用しようという意気込みが感じられます。


見解を伺います。
 

(総務部長)

次に、大綱4、人事施策について、

細目1、採用の年齢緩和についてお答えいたします。
 
職員採用の年齢要件を引き上げ、

より多くの人に門戸を広げることは、


優秀な人材の確保と


職員の年齢構成の平準化を図る上で有効な手法であると考えます。


ただし、

高い年齢での採用には


給与等の待遇面などの課題もあることから、


来年度の職員募集にあたっては、


今年度募集したものの


応募の少なかった技術職上級の年齢要件を、

35歳までに引き上げたいと考えております。


千葉市の事例につきましては、


参考になる事例でありますので、


今後研究してまいります。


(再質問)

(下田けんご)
人事政策に移るんですが、

今の時代にあって

年齢制限で試験さえ受けさせないのは、


本当におかしいと思います。


応募が足りているからということではなくて、


たくさんの応募の中から


少しでも意欲と能力のある人材を

どう探して採用していくかというのは、


それが人事政策だと思います。


ですから、

年齢緩和というものを強く求めます。


技術系に関してはしていただけるということでありますが、


事務系も含めてやっていただくように


強く要望いたします。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーここまで



千葉市のホームページでは、

市長の動画まであります。

就職試験をいろいろ受けた方も、

今の民間が採用にどれくらい力をいれているか、

わかりますよね。


中央官庁が受かったのに、

それをけって千葉市に来た方もいるとか。


僕は、市民感覚に合わない給与などは見直しを求めますが、

給料だけ高い安いっていうのも変かなと思います。

というのも、

例えば高い給料であっても、

活性化のアイデアや情報政策や、人脈など、

特殊な能力がある方なら絶対必要ですよね?


あるいは同じ給料でも今の職員の3倍しごとができる人だったら、

取りたいですよね?

そういう感覚があまりない。


能力とやる気がある職員がいる!

っていうことはどれだけ

市民にとってメリットがあるでしょうか。

ぜひ考えていただきたい論点です。



さて、

続いては市役所が採用する障がい者について。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーここから
 
(下田けんご)

関連して、市役所の障害者採用について聞きます。
 
議会での指摘により、

市役所は

国で定められた

障害者雇用の人数を


全く守っていないことがわかりました。


多くの市民が改善を待っていましたが、


先日の採用試験で

再び応募も

採用も目標に満たないことが公表されました。


本当に恥ずべきことです。


改善についてどのように取り組んでいるか、

私たちに説明してください。
 



(総務部長)


続きまして、

細目2、障害者採用についてお答えをいたします。
 

障害者の採用につきましては、


次の3点の取り組みによりその拡大を図っております。


1点目は、

平成25年6月1日採用予定で


3月1日から募集している


身体障害者対象の


一般行政職初級の年齢要件を、


従来の30歳までから40歳までに引き上げたことであります。



2点目は、平成25年度の日日雇用職員の募集について、


身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の

交付を受けている方々を対象とする旨を明らかにして、


登録申請の受け付けを行っております。


なお、年齢の制限はありません。



3点目は、

「チャレンジドオフィスきみつ」の設置であります。


これは、一般企業等で働く意欲のある障害者を対象に、


市役所内で非常勤職員として就労する機会を設け、


その経験を一般企業等への就労に生かそうとするもので、


平成25年4月1日に設置する予定であります。


採用にあたっては、

障害者就業・生活支援センターエールからご推薦をいただき、


選考の上2名の採用を予定しております。


なお、この制度を活用しているのは

市川市、佐倉市に次いで県内では3市目となります。
 
以上でございます。


(再質問)


(下田けんご)

もう1点お聞きしますが、

厳しく質問したところたくさんの成果があることが、


市役所の障害者雇用についてはわかりました。


1点目は、

年齢制限を40歳までにした正職員としての身体障害者の採用、


またもう1つすごいなと思うのは、


日日雇用職員の年齢制限を撤廃したと。


かつ、


これまでは募集していなかった知的障害、

そして精神障害も含めて募集したというのは


本当に画期的なことであると思います。


さらには、

知的障害者が市役所で働いて、


次の就職先への技術を身につけるというチャレンジ雇用も始めると。


本当にすばらしいことだと、


本当に評価いたします。
 



ただ、こうした3つのすばらしいことが


市民に対してどれぐらい伝わっているかなというと、


市の広報にある部分は掲載されていたり、


ある部分はホームページに載っていたりというような形で、


統一的なものがないと思うんですね。


ですから、私は、


こういうすばらしい取り組みですから


統一的なPRをしたらどうかと思います。


例えば、



君津市の障害者雇用が変わります


というような形で、


統一的な障害者採用の方針をつくって、


そしてPRしたらどうかなと思うんですが、


見解をお聞かせください。



○議長(小林喜久男君) 総務部長。


◎総務部長

 お答えいたします。
 

先般、障害者の不足人数をお聞きになられまして、


私ども現在法定雇用率が2.1%という中で


7名が不足しているという状況でございました。



平成25年度からこれが2.3%に改正されるわけで、


もう少し不足率がふえるという状況でございます。
 


そういった中で、


先ほど触れていただきましたように


「チャレンジドオフィスきみつ」という中で、


知的障害者を採用していこうということも進めております。


ただ、今回一般的な障害者を募集しましたところ、



なかなか募集がなかったという状況でございますので、


今議員にご提案いただきましたように、


そういった関係機関に対してもう少し働きかけるなどPRをする中で、


もう少しそうした募集の増加が図れるような施策を


進めてまいりたいというふうに考えております。
 

以上でございます。

○議長(小林喜久男君) 


◆2番(下田剣吾君)

 いい取り組みですので、


関係団体だけじゃなくて

市民に対しても知らせていただければと思います。


いろんな口コミというのもありますので、


ぜひ、こういう取り組みは


前向きですので伝えていただければと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーここまで

だいぶ細かい原稿だったので、

解説はいらないかもしれません。


でも私は、

問題を認識して、

改善のためにあらゆる努力をした

市役所職員課と障害福祉課はすごいと思いました。

チャレンジドオフィスについては、

千葉市が6月開始ですが、

なんとわれわれ君津市は5月にスタート、

写真⑤



もちろん内容が大事ですが、

最先端の政策を市の職員が考えて、実行しました!



このような短期間で、成果を出す職員がいることを、

ぜひ市民の方々もわかっていただければなと思います。



つづいては、「ぷれジョブ」についてです。

木更津で行われている、

素晴らしい制度について。

ーーーーーーーーーーーーーーー

(下田けんご)

次は、市全体の障害者政策としてアイデアの提案です。
 

国は、

障害者が地域で充実して生きるために、

仕事をするということを

積極的に進めています。


自治体はもちろん、


障害者を雇用する民間企業に対しても



さまざまな支援制度が用意されています。


しかし、本市では市役所同様、


民間でもあまり障害者雇用が進んでいないのが現状です。



これを単純に非難するのは簡単ですが、


これまで一度も障害のある人を採用したことがない会社が、


初めて採用するにはハードルがあることを想像しなければなりません。
 


そこで提案するのが先端的な取り組み、


ぷれジョブという制度です。


この制度は、


地域の商工会などの企業と


ボランティアが協力して、


週に1時間だけ特別支援学校や


特別支援学級にいる障害のある生徒を


職場体験させるものです。

学校から職場への送り迎えは

ボランティアがすることで

学校現場の負担はふやさない、


また、企業も

週に1時間という限られた時間のため


気軽に引き受けることができるのです。


このぷれジョブ制度によって


多くの企業が障害者を受け入れることができ、


また、

生徒たちも働くことについての学びを得ることができます。


そうした流れは障害者への理解を進め、


将来の障害者雇用の推進にもつながります。


これは、何と

隣の木更津市で全国に先駆け取り組まれています。


この制度を本市でも実現しませんか。


見解を聞きます。



○議長(小林喜久男君) 鈴木市長。
     (市長 鈴木洋邦君登壇)



◎市長(鈴木洋邦君) 皆さん、おはようございます。

 通告順序2番、2番、下田剣吾議員のご質問にお答えいたします。
 



 大綱5、福祉行政について、

 細目1、障害者雇用の推進についてお答えいたします。

 障害者雇用の推進につきましては、

 民間事業所の障害者雇用の意識を調査するため、

 君津市地域自立支援協議会において、

 君津商工会議所の協力を得て


 市内の1,789事業所を対象に

 障害者の雇用に関するアンケート等を実施するなど、

 取り組んでいるところであります。


 しかしながら、

 回答があった事業所は25事業所と少なく



 今後、障害者雇用の周知や

 理解を深めていくことが課題であると考えております。
 
 
 木更津市では、

 民間のぷれジョブ木更津連絡協議会が中心となり、


 子供が楽しみながら職場体験し、

 勤労感を養うとともに


 地域の方や企業側も障害のある子供の理解を深め、


 雇用の推進につながる取り組みを実施しております。

 この取り組みは、障害のある子供が生活している

 地域の理解を得て行う就労支援プログラムのため、


 現在の利用者は木更津市内の子供に限られております。
 

 本市でも、必要性のある取り組みであると考えますので、


 今後、同様の事業を立ち上げることの可能性について、



 君津市地域自立支援協議会で検討するとともに、


 事業の広域化についても


 4市の会議等を通じて提案し、検討してまいります。



(再質問)

(下田けんご)

1点気になったのは、答弁の中で

商工会議所の1,700の事業所に


自立支援協議会という


公的な機関がアンケートを送ったんですが、


25業者しか回答していないと。


商工会議所には多くの予算が支出されています。


そこも、席も隣に保健福祉部長と


経済部長いらっしゃいますが、


その商工会議所が協力していないと。


どの程度かはわからないんですが


問題だと思うんですが、


経済部長はどう思われますか。


公的なアンケートなので。



○議長(小林喜久男君) 経済部長。



◎経済部長
 
商工会議所には1,800からの会員が加入しておりますが、

私、その事実をちょっと、


申しわけありませんが承知しておりませんでした。


もし承知しておれば、


またそういった部分で側面から支援していきたいと、


このように考えます。


以上でございます。


○議長(小林喜久男君) 下田剣吾君。



◆2番(下田剣吾君) よろしくお願いします。

 保健福祉部、ぷれジョブに関して前向きな答弁をありがとうございます。


 ぜひ木更津市と協力、

 また教えていただきながら、


 ぜひ君津市民も


 君津の企業も参加できるような制度の実現を


 お願いいたします。

 
ーーーーーーーーーーーーーーここまで



今の季節商工会のみなさんは各地の祭りやイベントに

熱心に参加企画されております。

本当に感謝です。

障がい者雇用についてはこんな感じだそうです。


指摘したのは、

市役所の経済予算のほとんどは、


商工会議所をとおしてものなんです。


それなのに、アンケート返さなくてよいって・・・


という論点のみ指摘しました。



ぷれジョブ
ぷれジョブについて

早く実現できると良いです。



下田けんご
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

下田けんご

Author:下田けんご
菜の花咲く房総半島☆
千葉県南部にある
君津市(きみつし)の
市議会議員
 下田けんご です!





昭和56年(1981年)
  7月10日生まれ。
☆かに座 ☆O型
田んぼに囲まれた
周南(すなみ)地区で育つ

元NHKディレクター。
ドキュメンタリー中心に
農業、教育、旅、音楽等
番組の企画・制作する
しごとでした!

ディレクターとは
こんな仕事☆


①取材!

②番組企画を提案!

☆採用(又は不採用)

③ロケ(撮影・収録)
→スケジュール作成
→ロケの運営
(何をどう撮るか判断)
カメラマン、
音声マンと。

④編集・ポスプロ(完成)
→編集 編集マンと。
→ナレーション原稿作成
→字幕の作成
→ナレーションの収録
→映像、音声の完成、

⑤放送・管理
→放送立ち会い
→テレビ欄作成
→権利処理
→放送後の管理
などを行います。

また事件・事故が
起きた場合、
緊急の生中継などを
アナウンサ-や記者と
現場で行います。

・羽越線脱線事故
・台風中継など。

最後の仕事は
東日本大震災緊急報道。

・宮城県内の避難所中継
・福島からの避難者企画



2011年9月25日市議選

2589票で初当選-無所属


2014年10月26日市長選

12413票で落選


2015年9月13日市議選

3739票で当選(2期目)

会派名は【きみつ改革】

千葉県南部最年少市議!

真板益夫校長の
(まいた・ますお)
「真心教育」の
木更津中央(現総合)高卒

立命館大学政策科学部卒

このまちに
暮らして良かった、
生まれてよかった、

みなさんがそう思える
まちづくりをめざします

ちゃんと調べ☆
的確に質問!
改善するのが流儀です★



◎議会で毎回個人質問!

◎議会あとには4地区、
 計 年16回の
 報告会を開いてます!
 
 ①生涯学習センター
 ②小糸(こいと)地区
 ③周南(すなみ)地区
 ④そのほかの場所


◎議会のあとには
 市内3万軒に
 議会報告チラシを折込
※1回30万円必要です※

◎同じ市議選で
初当選した同期は
保坂よしかず市議(久保)
高橋あきら市議(小櫃)

◎同じ若手の
すなが和良市議と
共催の議会報告会も
しています


◎全国若手市議の会
(初当選35歳以下、
 会員は400人以上)
に所属して、
最新の政策を勉強☆

◎立命館大学
 千葉県校友会所属


◎平成15年ODA民間モニター(ザンビア)


◎ボランティアと、
 皆様からの寄附で
 選挙や
 政治活動を行います!

◎ご指導
 よろしく
  お願いします!!



【好きなもの】
○音楽
ザ・クロマニヨンズ
ザ・ハイロウズ
ザ・ブルーハーツ
真島昌利
手嶌葵
井上陽水
吉田拓郎
斉藤和義
大友良英
宇多田ヒカル
ザ・ビートルズ
ジョン・レノン
ニール・ヤング


○読書
沢木耕太郎
大空博
近藤紘一
本田靖春
山口瞳
開高健
森枝卓士
ボブ・グリーン
小泉武夫

○テレビ・ラジオ
プロフェッショナル
 ~仕事の流儀~

有吉マツコの怒り新党
ドキュメント72時間
グッドワイフ
あまちゃん
新・日曜美術館
アメトーク
歌姫
うぬぼれ刑事
ラジオ人生相談

○新聞を読むこと
讀賣新聞
産経新聞
朝日新聞
毎日新聞
東京新聞
日経新聞
新千葉新聞
山形新聞
千葉日報

○音楽ライブ等
arabakiロックfes

○ふるさと君津
自宅から見える星空
水を張った田んぼ
黄金の稲穂
静かな空気
緑のあざやかさ。

鹿野山九十九谷
久留里の名水
久留里・タイ料理たいこくどう
同・喜楽飯店

亀山の黒湯温泉

小糸・ラーメンもみやま
国道127号沿い寿々女庵(すずめあん)のソバ
郡(こおり)地区・四馬路(すまろ)らーめん


○旅行
アメリカ
フランス
スペイン
ポルトガル
オランダ
タイ
ラオス
フィリピン
韓国
台湾
ケニア
ザンビア
ウズベキスタン
など


○第二の故郷「山形」
百目鬼温泉
湯野浜温泉
銀山温泉
蔵王温泉
湯田川温泉

鶴岡
100年の焼畑農法
藤沢かぶ
田川かぶ
温海(あつみ)かぶ
加茂水族館
到道館
アルケッチャーノ

酒田
山居倉庫
相馬樓
傘福
平田赤ねぎ
寿司・鈴政

東根・伊勢そば
ソースかつ丼と冷たい肉そばの河北町・といや

山形市・ラーメンよしのや食堂


○料理をすること

○写真をとること

○友だちと会うこと



☆年齢性別問わず、
   人と話すこと。






にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 君津情報へ
にほんブログ村



最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見ていただいた人
下田けんご聞きます
疑問や質問、ご意見を聞かせて下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
検索フォーム
リンク
QRコード
QR